閉じる

  •  
 
 

閉じる

 
 

ホーム > 県政情報 > ようこそ知事室へ > 知事へのたより > 平成30年度のご意見・ご提案 > 意見・提案(平成31年1月)

更新日:2019年3月20日

ここから本文です。

ようこそ知事室へ

意見・提案(平成31年1月)

  1. ドルフィンポート跡地の利用について
  2. 「鹿児島市北ふ頭開発計画の再考,火山津波対策優先のお願い」について
  3. 総合体育館建設について
  4. 国道10号合流地点の改善について
  5. 廃校を教育改革に活用について
  6. 新体育館について

 1【ドルフィンポート跡地の利用について】(知事へのたより)

意見の概要

ルフィンポート跡地利用について,再生可能エネルギーや自然環境に優しい生活の工夫などをテーマにした施設があると良いと思います。
た,鹿児島県は,自然災害によく見舞われるので,避難施設やドクターヘリポート等もあると良いと思います。
さらに,飲食店やお土産屋,足湯等も整備し,家族連れや高齢者が一日過ごせる場所として整備したら良いと思います。

担当所属 港湾空港課
対応・取り組み状況

ルフィンポート敷地を含む鹿児島港本港区エリアは錦江湾や桜島の景観を望む絶好の場所であります。
のすばらしい景観を最大限に生かして,次の鹿児島の世代,そして鹿児島の子どもたちに残せる財産となるような魅力的な港,感動を与えられる観光地にしたいと考えております。
のためには,例えば錦江湾や桜島を眺めながらお茶を飲めたり,食事ができたり,若い人たちが遊べるアミューズメント的な場所やホテルなど,そういうものを含めて総合的な観光スポットにできれば一番いいのではないかと考えております。
エリアについては,県民の皆様からいただいた御意見等を参考にしながら策定した「鹿児島港本港区エリアまちづくりグランドデザイン」を踏まえ,民間活力の導入を基に,年間365日,国内外の幅広い観光客や県民で賑わい,国際的な観光都市にふさわしい「来て見て感動する観光拠点」の形成を図ってまいります。

 

ページの先頭へ戻る

 2【「鹿児島市北ふ頭開発計画の再考,火山津波対策優先のお願い」について】(知事へのたより)

意見の概要

島海底火山の噴火や東南海地震が発生した場合に錦江湾沿岸に津波が到達するとの予測があり,懸念しています。北埠頭の再開発計画を考え直してください。
に桜島海底火山津波の場合,約4分で津波が陸地に到達するとの予測もありました。
急に対応してください。

担当所属 港湾空港課
対応・取り組み状況

ふ頭を含む鹿児島港本港区エリアについては,種子・屋久航路等が就航する海の玄関口であり,雄大な桜島など周辺の魅力ある観光資源や市街地中心部に近接する立地特性を生かした活力ある交流空間を形成することにより,地域の活性化が期待されているところです。
エリアについては,県民の皆様からいただいた御意見等を参考にしながら策定した「鹿児島港本港区エリアまちづくりグランドデザイン」を踏まえ,民間活力の導入を基本に,年間365日,国内外の幅広い観光客や県民で賑わい,国際的な観光都市にふさわしい「来て見て感動する観光拠点」の形成を図ってまいります。

 

ページの先頭へ戻る

 3【総合体育館建設について】(知事へのたより)

意見の概要

鹿児島中央駅西口において整備が検討されている総合体育館については,県工業試験場跡地と日本郵便の用地に加え,JR九州の用地も合わせて一体的に整備してほしい。
在の計画にJR九州の用地も合わせれば,横浜アリーナのように,駅からの歩道が整備され,会場の広さもスポーツからコンサートまで開催できる規模の整備が可能ではないでしょうか。
ンパクトシティ化が進む中,鹿児島中央駅西口における総合体育館計画を早急に進めてほしい。

担当所属 企画課スポーツ施設対策室
対応・取り組み状況

たな総合体育館については,鹿児島中央駅に隣接する県工業試験場跡地が最適地であり,隣地も合わせた整備が望ましいと考えております。
鹿児島中央駅西口地区においては,JR九州による開発計画もあることから,周辺道路の関係も含め,同地区におけるまちづくりの観点から,引き続き,関係者間の緊密な連携を図りながら,協議・検討を進めてまいりたいと考えており,総合体育館の整備においては,同社の計画とも連携を図ってまいりたいと考えております。

 

ページの先頭へ戻る

 4【国道10号合流地点の改善について】(知事へのたより)

意見の概要

鹿児島市吉野方面(県道16号)からロータリーを降りて国道10号に合流する地点に姶良方面へ分岐する道路がないため,吉野地域の住民が姶良方面に向かう場合は,国道10号に合流した後Uターンするか,吉田方面まで抜けて蒲生方面から遠回りして姶良方面に向かう方法しかありません。
うか付近の調査を実施していただき改善を検討してください。

担当所属 道路建設課市計画課
対応・取り組み状況

鹿児島市吉野方面から,稲荷町において国道10号と合流する県道鹿児島吉田線については,鹿児島市街地と九州縦貫自動車道薩摩吉田インターとのアクセス強化や吉野方面から発生する多くの交通を円滑に処理することなどを目的に整備しており,国道10号との合流箇所については,地形的な制約もあったことから,鹿児島市街地方向にのみ接続する構造となっています。
提案の国道10号に接続する姶良方面への道路については,地形的な制約があることや多額の事業費が見込まれるなど,多くの課題があると考えておりますので,御理解くださいますようお願いいたします。

 

ページの先頭へ戻る

 5【廃校を教育改革に活用について】(知事へのたより)

意見の概要

疎地にある廃校は地域の公民館などに有効活用されている事も多いと思いますが,有効活用されずそのままになっている学校があれば都市部の子どもたちのための学習の場として活用できないでしょうか。
どもたちの健全育成の策として,過疎地の廃校を活用して,都市部の小学生に一定期間,自然と触れ合いながら共同作業による仲間との絆の強化を体験させてはいかがでしょうか。口で説明するより,実践の方が教育効果は高いと思います。
田舎は,まさに人間教育の素材の宝庫です。
然の摂理を学び,子どもたち同士で絆を強める事は,西郷隆盛の「敬天愛人」の精神の実践となるのではないでしょうか。

担当所属 学校施設課務教育課
対応・取り組み状況

校については,県内でも地域活性化などのため,各地域の公民館や社会教育施設などとして,また,小学校の集団宿泊学習や子ども会のレクリエーション活動の場として活用されているところです。
も,子どもたちが自然の中で体験活動や集団活動に取り組むことは,見聞を広げ,自然や文化などに親しみ,よりよい人間関係を築くことにつながるものと考えております。
校の活用については,文部科学省がインターネット上で廃校と活用ニーズとのマッチングなどを図る,「みんなの廃校プロジェクト」を実施しており,県教育委員会から市町村教育委員会に同プロジェクトへの参加を呼びかけているところです。
提案のありました利用方法を含め,今後とも,廃校の有効活用が図られるよう努めてまいります。

 

ページの先頭へ戻る

 6【新体育館について】(知事へのたより)

意見の概要

たな総合体育館について,県は,「利便性の高い場所に整備することが望ましいことから,鹿児島の陸の玄関口であり,県内の交通の中心である鹿児島中央駅に隣接する県工業試験場跡地が最適地であり,施設の規模等を考慮すると,隣地も合わせた整備が望ましいと考えた」としていますが,どこと比較した結果なのか教えてください。

担当所属 企画課スポーツ施設対策室
対応・取り組み状況

たな総合体育館については,県内外の各界の有識者で構成する「大規模スポーツ施設の在り方検討委員会」から,昨年2月に提言書をいただきました。
言においては,新たな総合体育館の機能として,「本県のスポーツ振興の拠点としての機能に加え,コンサートやイベントなど多目的な利用による交流拠点としての機能があることが望ましい」とされ,これらの機能を有することにより,交流人口が増え,賑わいの創出や経済波及効果など地域活性化とともに,施設の収益性にも寄与するとされたところです。
のような効果を最大限に発揮させるという観点から,主な県有地である県工業試験場跡地,県庁東側の土地,県農業試験場跡地について,県庁内で比較・検討を行い,議論を積み重ねた結果,新たな総合体育館については,利便性の高い場所に整備することが望ましいことから,鹿児島の陸の玄関口であり,県内の交通の中心である鹿児島中央駅に隣接する県工業試験場跡地が最適地であり,施設の規模等を考慮すると,隣地も合わせた整備が望ましいと考えたところです。

 

ページの先頭へ戻る

このページに関するお問い合わせ

総務部広報課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?