ホーム > 県政情報 > ようこそ知事室へ > 知事の動き > 平成29年12月 > 12月22日(金曜日)農林水産祭(むらづくり部門)で宇検村の阿室(あむろ)校区が天皇杯を受賞されました

Facebook 鹿児島県知事 三反園 訓

ここから本文です。

更新日:2017年12月28日

12月22日(金曜日)農林水産祭(むらづくり部門)で宇検村の阿室(あむろ)校区が天皇杯を受賞されました

平成29年度農林水産祭(むらづくり部門)で天皇杯を受賞された宇検村の阿室(あむろ)校区活性化対策委員会会長の後藤恭子さんが、県庁を訪問してくださいました。
むらづくり部門の表彰は、農山漁村において、生活、文化などを含む幅広い地域活動を展開している優良事例を対象としており、この部門における本県での天皇杯受賞は全国最多です。
阿室校区は、極めて条件が不利な地域にも関わらず、親子山村留学により、I・Uターン者を増やし、タンカンなどの生産や子育て、伝統文化の継承などを地域ぐるみで取り組まれていることが高く評価されました。
後藤会長は、11月に明治神宮会館で授与された天皇杯を披露され、「地域の温かい人柄が、移住者の定住につながっている。」と話されました。
県としても、阿室校区のようなむらづくりの取り組みを、県内に広げていきたいと考えております。
今回の受賞について、詳しくは、関連リンクをご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?