ホーム > 県政情報 > ようこそ知事室へ > 知事の動き > 平成30年2月 > 2月28日(水曜日)「鹿児島港国際クルーズ拠点整備事業」の平成30年度新規事業化への見通しがたちました

Facebook 鹿児島県知事 三反園 訓

ここから本文です。

更新日:2018年3月2日

2月28日(水曜日)「鹿児島港国際クルーズ拠点整備事業」の平成30年度新規事業化への見通しがたちました

世界最大の22万トン級のクルーズ船が接岸できる新たな岸壁の整備について、国土交通省から平成30年度予算に向けた新規事業採択時評価の手続きに着手するとの連絡があり、事業化への見通しがたちましたので、記者発表を行いました。
新たな岸壁を整備することにより、16万トン級と22万トン級の大型クルーズ船が2隻同時に並んで接岸できる日本初のクルーズ専用ターミナルとなります。
県としては、今後とも、本県の観光振興に資するよう、新たな岸壁整備に向けて全力で取り組んでまいります。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?