ホーム > 県政情報 > ようこそ知事室へ > 知事の動き > 平成31年2月 > 2月23日(土曜日)「ぴかいちご」やホウレンソウなどの栽培状況を現地視察しました

Facebook 鹿児島県知事 三反園 訓

ここから本文です。

更新日:2019年2月28日

2月23日(土曜日)「ぴかいちご」やホウレンソウなどの栽培状況を現地視察しました

日置市と鹿児島市でいちごやホウレンソウなどを栽培している生産者の方から栽培状況について説明を受けました。
日置市では、県が育成したいちごの新品種「ぴかいちご」が収穫最盛期を迎えており、ハウスの中には甘い香りが広がっておりました。
生産者の熱心な説明を聞きながら、採れたてのいちごを試食させていただきましたが、大粒で味も見た目もピカイチでした。
鹿児島市では、県内有数の施設園芸団地である「アグリタウン小山田」で安心・安全な栽培方法によりホウレンソウなどが生産されており、収益も高く、先進的な農業を実践されていました。
今後とも、「稼げる農業」を実現し、生産者の皆さまの所得が上がり、後継者が確保され、地域が活性化する「好循環」を生み出せるよう、生産者、関係機関・団体などの皆さまと連携しながら、産地の取り組みを支援してまいります。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?