• ホーム
  • 議会のあらまし
  • 議会の動き
  • 定例会情報
  • 委員会の紹介
  • 議員の紹介
  • 開かれた議会
  • 議会広報

ホーム > 議会の動き > 活動報告 > 議連活動等 > その他 > 奄美・琉球の世界自然遺産登録について政府・与党に意見書を提出し,要請を行いました(平成27年12月)

ここから本文です。

更新日:2016年2月23日

奄美・琉球の世界自然遺産登録について政府・与党に意見書を提出し,要請を行いました(平成27年12月)

本県議会の池畑議長と堀之内環境厚生委員長,他2議員は,12月15日に環境省,自民党及び公明党を訪問し,平成27年第4回定例会において可決された「奄美・琉球の世界自然遺産登録の早期実現に向けた取組の推進を求める意見書」を手交し,平成30年の世界自然遺産登録に向けて,核心地域の公有地化に必要となる財源確保など所用の措置を講じるよう要請しました。

環境省

平口環境副大臣への要請

自民党

自由民主党塩谷政務調査会長代行への要請

公明党

公明党山口代表への要請

奄美・琉球の世界自然遺産登録の早期実現に向けた取組の推進を求める意見書(PDF:65KB)

このページに関するお問い合わせ

議会事務局議事課

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。