更新日:2007年12月5日

ここから本文です。

雑学コラムpart1


カルデラってなんだ?

火口の直径が大規模な陥没火山をカルデラといいます。鹿児島には姶良・阿多・鬼界の三大カルデラをはじめ、池田カルデラ、加久藤カルデラがあります。


今からおよそ2万5千年前、現在の桜島を南端にそれより北側の鹿児島湾底は大火口原で、いくつもの火山から成り立つ姶良火山があったとされます。この火山が莫大な量のシラスや火砕流を噴きだしたため、地下内部に空洞ができて陥没、いわゆる姶良カルデラができました。


阿多カルデラは、これより古く3~4万年前に阿多火山の活動により陥没、これらのカルデラに海水が流れ込み鹿児島湾ができたといわれます(それより以前の数十万年前から湾の原型となる地溝が存在したともいわれる)。


カルデラの周囲は、長い地質時代から見ればできたばかりの急ながけ(カルデラ壁)で囲まれているため、豪雨のたびにしばしばがけ崩れなどの災害を引き起こしています。
千貫平や鬼門平断層崖(だんそうがい)をはじめ、鹿児島湾沿岸各地にカルデラ壁が見られます。

屋久島は世界の自然遺産

屋久島は鹿児島市から130kmの海上に浮かぶ面積500km2の島です。
数百万年前に海底から隆起して生成したといわれるこの島は九州一の高さを誇る宮之浦岳(1,936m)をはじめ永田岳(1,886m)、翁岳(1,850m)、黒味岳(1,831m)など1,800mを超える山岳が集まり、「洋上アルプス」とも称されます。


これらの山々に、黒潮で運ばれてきた温暖多湿の海風がぶつかると、上昇気流となって島を包み込み、大量の雨を降らせます。年間の降水量は山頂部で10,000mm、平地でも東京の約3倍、4,300mmに達します。
こうした環境条件が樹齢数千年の縄文杉に代表されるスギの巨木群をはじめ、モミ、ツガ等の巨木群とそれらを包む豊かな森を育ててきました。


面積の90%を森林が覆う屋久島には、周辺海域を含めて特色ある動植物相が生み出されています。
植物では、亜熱帯性から冷温帯性までの約1,300種の垂直分布、動物では約300種という多様な生物相が形成され、黒潮が流れる周辺海域には、日本で最も多くの魚種が見られます。


「月に35日雨が降る」と表現される島の降雨は、降水日数だけでなく一度に降る雨も多く、大量の雨が山頂部から海へと一気にかけ下ります。この山と海をつなぐ豊富な水は140の河川と無数の滝を形成し、変化に富む自然景観をもたらすとともに、生命の島ともいうべき自然を育んできました。


この類まれな自然は、国内外から高く評価されており、平成5年にはユネスコの世界自然遺産に登録されました。
また、平成12年には「世界自然遺産会議」が開催され、アジア太平洋地域の14か国から20の自治体等が参加しました。

不思議大好きの湖、池田湖

池田湖は、いろんな意味でおもしろい湖です。
まず体長2m、重さ15kgにも及ぶオオウナギの生息。それから湖の南東部分には水面下約42mに円頂丘の存在、これはカルデラ湖が形成された後にできた珍しい湖底火山丘。さらにほぼ円形の湖の円周が、開聞岳の基底座標の周囲の長さとほぼ一致するという不思議。日照り続きなのに水が増えたり、風もないのに波がたったりする謎。そして幻の怪獣イッシー。平成8年を最後に目撃談はありませんが、過去には「らしきもの」がビデオカメラで撮影され話題を呼びました。


ところで、池田湖には、名馬・池月の伝説があります。
むかしこの湖には、竜宮より連れ帰った竜馬の子孫に違いないと噂される白馬の親子が遊びにきていました。この噂は遠く鎌倉まで伝わり、源頼朝公が、是非とも子馬を手に入れたいと所望、地元の人が子馬を捕らえ鎌倉へ贈りました。
池月と名付けられた子馬は、頼朝公にたいそう可愛がられ、たいへんな名馬に育ちました。しかし、子馬を連れ去られた母馬は、悲しみにくれ池田湖に飛び込んでしまいました。
わが子との別れを悲しんで湖に身を投げた母馬を哀れんだ人々は、湖畔の小浜に観音像を建てて供養しました。

大浪池の伝説

むかし、霧島山のふもとに金持ちの庄屋夫婦が住んでいましたが、なかなか子供に恵まれませんでした。
二人して池の岸辺から子供を授けてほしいと熱心に祈ったのが天に通じたのか、やがて妻は女の子を産みました。夫婦はとても喜び、「お浪」と名付けてたいへんかわいがりました。
月日が流れお浪が18歳になると、その美しさにあちこちから縁談の申し込みがありましたが、お浪はたださびしく笑うばかり。そのうちとうとう病に伏し、美しさはみるかげもなくなってしまいました。


そんなある夜のこと、お浪は山の奥に行きたいといいだし、あまりの熱意に打たれた庄屋夫婦は、ついにいうがまま山奥にのぼっていきました。
ところが山奥のこの池のほとりに出たとたん、娘は父の手をふりほどき、ザブンと池の中に飛び込んでしまいました。実はお浪は、この池に住む竜神の生まれ変わりだったのです。
その後、この池は誰ともなく「大浪池」と呼ばれるようになったといわれます。

鹿児島オモシロ地名集

  • ヒョイト出ノ上(南さつま市笠沙町大浦)
  • 免喰(南さつま市笠沙町片浦・南さつま市加世田宮原)
  • チンタラミツ(南さつま市笠沙町片浦)
  • 珍多良(霧島市牧園町万膳)
  • 珍多奈迫(日置市日吉町日置)
  • 裏切松(南さつま市笠沙町片浦・南さつま市加世田武田・鹿屋市西原)
  • バクチ岩(鹿児島市川上町)
  • 着物失い(鹿児島市喜入中名町)
  • オトロシ坂(いちき串木野市川上)
  • 喧嘩田(いちき串木野市下名)
  • 大馬鹿ノ元(西之表市伊関)
  • 世界(日置市日吉町山田)
  • 地獄(日置市吹上町入来)
  • 極楽(鹿児島市中村・大口市金波田・霧島市溝辺町竹子ほか)
南日本くらしの宝シリーズNo.63 (南日本新聞社刊)「かごしま地名ものがたり」より

鹿児島の難読地名

まるで外国語のように難しい、などと言われる鹿児島の方言。鹿児島の地名は、さらに難しいものもあります。鹿児島県人でも読めないものがたくさんあるのです。
地理的特徴や、神話や地方の伝説にまつわる地名、昔の土地制度からの地名、今となってはまったく意味不明の地名まで、以下に鹿児島県難読地名の一例をご紹介します。
  • 阿権・あごん (伊仙町)
  • 安木屋場・あんきゃば(竜郷町)
  • 頴娃・えい(頴娃町)
  • 可愛山陵・えのさんりょう(薩摩川内市)
  • 大箆柄岳・おおのがらだけ(鹿屋市・ 垂水市)
  • 苙口・おろんくち(日置市・ 指宿市)
  • 仮宿・かいじゅく(大崎町)
  • 金川岳・かねんごだけ(奄美市)
  • 柊野・くきの(さつま町)
  • 管鈍・くだどん(瀬戸内町)
  • 花棚・けだな(鹿児島市)
  • 祁答院・けどういん(川内川中流域の地名)
  • 花良治・けらじ(喜界町)
  • 神子・こうし(さつま町)
  • 神殿・こどん(日置市)
  • 寒水・そうず(鹿屋市)
  • 提口・さげんくち(志布志市)
  • 財部・たからべ(曽於市)
  • 生見・ぬくみ(鹿児島市)
  • 祓川・はらいがわ(鹿屋市)
  • 日当山・ひなたやま(霧島市)
  • 能野・よきの(西之表市)
  • 若尊ノ鼻・わかみこのはな(霧島市)

舞台は鹿児島…ジェームス・ボンドがやってきた

坊津町北部の秋目海岸。鑑真和上が上陸したといわれる、この美しいリアス式海岸で、なんと映画007シリーズのロケーションが行われていたのです。
1967年公開の日英合作映画「007は二度死ぬ」。ショーン・コネリーによるボンドシリーズ、日本側の出演者は、丹波哲郎、浜美枝。奇岩怪石の秋目を舞台に、アクション&ロマンス。この地の景観を世界に示しました。

坂本龍馬のハネムーン逸話

坂本龍馬が恋女房のお竜(りょう)さんと一緒に霧島を訪れたのは有名なお話。龍馬は、京都の寺田屋で幕府の捕吏から受けた右手の傷の療養をかねて、海路鹿児島を訪れました。 龍馬が姉にあてた手紙の中には、当時、ハネムーンを満喫するモダンな(?)夫婦の姿が記されています。


澄みきった空気や清らかな川の流れ、それら鹿児島の美しい自然と人々の情すべてが、龍馬にとっては心に残るものだったのでしょう。『塩浸(しおひたし)には十日許りも止りて遊び、谷川の流れにて魚を釣りピストルをもちて鳥をうつなど実におもしろかりし(略)』という一文には、今とそれほど変わらないようなハネムーンの日々を楽しむふたりの様子が表われています。
また、高千穂峰の「天の逆鉾」を見て『その形、確かに天狗の面なり、二人大いに笑いたり。』という一文には、幕末の志士が、豊かな鹿児島の自然のなかで愛妻とともに童心に帰ってはしゃぐ様子がよく表れています。

市内どこでも「いい湯だな~♪」

霧島火山帯という巨大な火山地帯の中に位置している鹿児島は、あまり知られていませんが実は温泉のまちなのです。県内の主な温泉地はおよそ80。温泉源は約2千7百で、大分に次いで、全国で第二番目に多い。


それでは鹿児島市内ではどうかというと、なんと泉源の数は220か所余り。公衆浴場料金で入れる温泉が、70 以上あるというのだからオドロキ。桜島を眺めながら温泉に入るなんて、「ああいい湯だな~♪」という歌が口元からこぼれるのも仕方がないってものです。こうした温泉の公衆浴場は駅前や繁華街の近くにもあって、気軽に利用できるのがうれしいですね。


【参考】(※平成11年3月31日現在)
  • 温泉地数
    80 か所(全国11位)
  • 源泉数
    2,765か所(全国2位)
  • ゆう出量
    196,777 R/m(全国3位)

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

PR・観光戦略部広報課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?