更新日:2018年5月22日

ここから本文です。

平成30年度鹿児島県職員選考採用試験案内(福祉施設専門職員(児童自立支援専門員))

1付期間・試験日

(1)受験申込受付期間

〔持参・郵送〕平成30年5月18日(金曜日)~6月15日(金曜日)(郵送の場合は,6月15日までの消印有効)

〔インターネット〕平成30年5月18日(金曜日)~6月13日(水曜日)

(2)第一次試験日

平成30年7月1日(日曜日)

2験区分・採用予定人員・受験資格・主な勤務先及び職務内容

(1)試験区分別受験資格

次の表に記載する受験資格を有する者であって,県のどの機関にでも勤務することができる者とします。

試験区分 採用予定人員 受験資格
福祉施設専門職員
(児童自立支援専門員)
3名 和63年4月2日以降に生まれた者
(平成31年4月1日現在で30歳以下の者)
鹿児島県児童福祉施設の設備及び運営に関する基準を定める条例第102条(詳細は【参考】のとおり)に規定する児童自立支援専門員の資格を有する者又は平成31年3月末日までに有する見込みの者

(2)上記(1)の受験資格にかかわらず,次のア~エのいずれかに該当する者は受験できません

年被後見人又は被保佐人(準禁治産者を含む。)
錮以上の刑に処せられ,その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの者
鹿児島県職員として懲戒免職の処分を受け,当該処分の日から2年を経過しない者
本国憲法施行の日以後において,日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し,又はこれに加入した者

(3)主な勤務先及び職務内容

試験区分 主な勤務先 主な職務内容
福祉施設専門職員
(児童自立支援専門員)
若駒学園,各児童相談所など 生活指導等を要する児童に関する相談や調査,自立支援のための指導

3験日・試験会場

(1)第1次試験

験日:平成30年7月1日(日曜日)

験会場:鹿児島市(詳細については,受験申込者に対し別途通知します。)

(2)第2次試験

験日:平成30年7月25日(水曜日)
験会場:鹿児島市(第一次試験合格者について実施します。)

4験内容

(1)第1次試験

性試験……職務遂行上必要な適性について検査を行います。
養試験……一般教養について択一式により行います。
門試験……職種に応じた専門知識について記述式により行います。

(2)第2次試験

文試験……理解力,構成力,表現力等について記述式により行います。
述試験……人物について面接により行います。

5格発表

(1)第1次試験合格発表

合否は,平成30年7月13日頃までに本人あてに文書で通知します。
また,合格者には第2次試験の試験会場,時間等も併せて通知します。

(2)最終合格発表

平成30年8月下旬に本人あてに文書で通知する予定です。

6験結果の開示

採用試験の結果については,鹿児島県個人情報保護条例第23条第1項の規定により,口頭などで開示を申し出ることができます。

示申出のできる人…1次試験については1次試験不合格者,2次試験については2次試験受験者
示内容………………総合得点及び順位
示期間………………合格発表の日から1か月間
付時間………………月曜日から金曜日までの日(祝日等を除く。)の午前8時30分から午後5時15分まで
示場所………………鹿児島県総務部人事課(行政庁舎5階)

開示申出をする場合は,必ず,受験者本人(代理は認められません。)が本人であることを証明する書類(試験実施通知書,試験結果通知書,運転免許証,旅券,学生証等)を持参し,開示場所へ直接おいでください。電話,はがき等による申出はできません。

7格から採用まで

採用時期は,平成31年4月1日以降の予定です。
また,採用の決定は,最終合格後に提出していただく書類等の審査結果により行います。
ただし,受験資格に定める資格を期限までに取得できなかった場合は,採用を取り消します。

8

給与は職員の給与に関する条例等に基づき支給されます。
平成30年4月1日に適用されている現行条例によれば,新卒者の初任給は次のとおりですが,職務経歴等のある人の場合には,この額に一定の基準で加算されることがあります。

*福祉施設専門職員(大卒後養成所卒):186,300円

上記の給料のほか,通勤手当,住居手当,超過勤務手当,期末手当,勤勉手当等が,それぞれの支給条件に応じて支給されます。

9験申込手続

次のうちいずれかの方法で申し込んでください。

(1)インターネットで申し込む場合

この申込には,鹿児島e(いー)申請(鹿児島県電子申請共同運営システム)を利用します。

申込手続 申込方法

鹿児島県のホームページ(http://www.pref.kagoshima.jp/)から電子申請のページにアクセスし,パソコンの環境設定とユーザー登録を行ってください。
※この手続は,受付期間前でも行うことができます。
付期間になったら,電子申請のページで「県職員選考採用試験申込」を選択し,申込データの入力・送信を行ってください。
※申込データが受理されると受付結果連絡メールが送信されます。申込データの送信日から土・日を除く2日後以内(受付期間最終日に申込データを送信した場合は翌日まで)に受付結果連絡メールが送られてこない場合は,直ちに人事課まで問い合わせてください。

受付期間 平成30年5月18日(金曜日)~6月13日(水曜日)
※5月18日8時30分~6月13日17時15分までに鹿児島県電子申請共同運営システムのサーバーに到達したものまで受け付けます。
※5月19日~6月12日については,24時間受け付けます。(サーバーメンテナンス時等を除く。)
受験票の作成

次の方法により,受験票を作成し,試験当日に持参してください。
6月下旬頃までに審査終了連絡メールが送信されます。
※6月25日(月曜日)までに審査終了連絡メールが送られてこない場合は,直ちに人事課まで問い合わせてください。

査終了連絡メールを受信したら,鹿児島e申請のページにアクセスし,受験票の様式をプリンタで印刷してください。

験票に必要事項を記入し,写真欄に写真(縦3.5cm×横3.0cm,最近3か月以内に撮影したもの)を必ず貼ってください。
※試験当日に受験票を持参しない場合には,受験できませんので,御注意ください。

注意事項 御利用のインターネット環境によっては,このシステムを利用できないことがありますので,事前に電子申請のページで確認してください。
なお,インターネット申込受付期間に申込みができなかった場合やシステムトラブル等により電子申請に対応できない場合は,持参又は郵送により申込みをしてください。

(2)持参・郵送で申し込む場合

申込手続 申込先 鹿児島県総務部人事課
〒890-8577鹿児島市鴨池新町10-1県庁(行政庁舎)5階
電話:代表(099)286-2111(内線2048・2087)直通(099)286-2087
申込方法 必要事項を記入し,署名した受験申込書に92円切手を貼ったあて先明記の返信用封筒(長形3号:120×235mm)を添えて上記の申込先へ提出してください。
なお,郵送の場合は,封筒の表に「採用試験申込」と書いて必ず簡易書留郵便(郵便局で手続をする必要があります。)にしてください。
受付期間

平成30年5月18日(金曜日)~6月15日(金曜日)(土曜日及び日曜日を除く)
受付時間8時30分~17時15分
※郵送の場合は,6月15日(金曜日)までの消印のあるものに限り受け付けます。

受験票の作成

次の方法により,受験票を作成し,試験当日に持参してください。
6月下旬に試験会場・受験番号等を記載した文書と受験票の様式を人事課から郵送します。
験票に必要事項を記入し,写真欄に写真(縦3.5cm×横3.0cm,最近3か月以内に撮影したもの)を必ず貼ってください。
※試験当日に受験票を持参しない場合には,受験できませんので,御注意ください。

(3)試験案内・申込書ダウンロード

平成30年度鹿児島県職員選考採用試験案内(福祉施設専門職員)(PDF:156KB)

鹿児島県職員選考採用試験受験申込書(福祉施設専門職員)(PDF:69KB)

10験案内・受験申込書の配布場所

  • 鹿児島県総務部人事課
  • 各地域振興局本庁舎(鹿児島,南薩,北薩,姶良・伊佐,大隅)
  • 各地域振興局駐在機関(日置,指宿,さつま,出水,伊佐,曽於)
  • 各支庁本庁舎(熊毛,大島)
  • 各支庁各事務所(屋久島,瀬戸内,喜界,徳之島,沖永良部)
  • 県外本県事務所(東京,大阪,福岡)
  • かごしま県民交流センター

 【参考】鹿児島県児童福祉施設の設備及び運営に関する基準を定める条例

(児童自立支援専門員の資格)
第102条

児童自立支援専門員の資格については,設備運営基準(児童福祉施設の設備及び運営に関する基準)(※1)第82条の定めるところによる。


(※1)児童福祉施設の設備及び運営に関する基準(昭和23年厚生省令第63号)

(児童自立支援専門員の資格)
第82条

児童自立支援専門員は,次の各号のいずれかに該当する者でなければならない。

師であつて,精神保健に関して学識経験を有する者


会福祉士の資格を有する者

 

都道府県知事の指定する児童自立支援専門員を養成する学校その他の養成施設を卒業した者

 

校教育法の規定による大学の学部で,社会福祉学,心理学,教育学若しくは社会学を専修する学科若しくはこれらに相当する課程を修めて卒業した者又は同法の規定による大学の学部で,社会福祉学,心理学,教育学若しくは社会学に関する科目の単位を優秀な成績で修得したことにより,同法第102条第2項の規定により大学院への入学を認められた者であつて,1年以上児童自立支援事業に従事したもの又は前条第1項第4号イからハ(※2)までに掲げる期間の合計が2年以上であるもの


校教育法の規定による大学院において,社会福祉学,心理学,教育学若しくは社会学を専攻する研究科又はこれらに相当する課程を修めて卒業した者であつて,1年以上児童自立支援事業に従事したもの又は前条第1項第4号イからハ(※2)までに掲げる期間の合計が2年以上であるもの


国の大学において,社会福祉学,心理学,教育学若しくは社会学を専修する学科又はこれらに相当する課程を修めて卒業した者であつて,1年以上児童自立支援事業に従事したもの又は前条第1項第4号イからハ(※2)までに掲げる期間の合計が2年以上であるもの


校教育法の規定による高等学校若しくは中等教育学校を卒業した者,同法第90条第2項の規定により大学への入学を認められた者若しくは通常の課程による12年の学校教育を修了した者(通常の課程以外の課程によりこれに相当する学校教育を修了した者を含む。)又は文部科学大臣がこれと同等以上の資格を有すると認定した者であつて,3年以上児童自立支援事業に従事したもの又は前条第1項第4号イからハ(※2)までに掲げる期間の合計が5年以上であるもの


校教育法の規定により,小学校,中学校,義務教育学校,高等学校又は中等教育学校の教諭となる資格を有する者であつて,1年以上児童自立支援事業に従事したもの又は2年以上教員としてその職務に従事したもの


(※2)児童福祉施設の設備及び運営に関する基準第81条第1項第4号

童福祉司となる資格を有する者にあつては,児童福祉事業(国,都道府県,指定都市又は児童相談所設置市の内部組織における児童福祉に関する事務を含む。)に従事した期間

会福祉主事となる資格を有する者にあつては,社会福祉事業に従事した期間

会福祉施設の職員として勤務した期間(イ又はロに掲げる期間に該当する期間を除く。)

 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

総務部人事課

電話番号:099-286-2048

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?