更新日:2019年1月7日

ここから本文です。

新公益法人制度の概要

平成20年12月1日から新公益法人制度が施行されました。
 
準則主義により法人格が容易に取得でき,また,明確に定められた基準による公益認定を民間有識者が行うことで,民間非営利部門の一層の発展が期待されます。
 
  • 一般社団法人及び一般財団法人に関する法律の要件を満たせば,登記のみで一般社団・財団法人を設立することが可能。
  • 一般社団・財団法人のうち,公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律に定められた基準を満たしていると認められる法人は,公益認定を受けて公益社団・財団法人となることができる。
  • 基準を満たしているかどうかの判断は,民間有識者から構成される合議制の機関(鹿児島県公益認定等審議会)への諮問・答申を経て知事が行う。

 

概要図

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

総務部学事法制課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?