ホーム > くらし・環境 > 税金 > 森林環境税と産業廃棄物税 > 導入までの流れ > 「産業廃棄物税制」に関する検討資料3(平成15年7月)

更新日:2007年12月5日

ここから本文です。

「産業廃棄物税制」に関する検討資料3(平成15年7月)

2 他県における産業廃棄物税制の導入,検討の状況

(1) 他県の税制の仕組み

 他県において導入・検討されている事例をみると,課税対象のとらえ方により,排出に着目した仕組みと,埋立てに着目した仕組みとの二つに大別され,さらに,納税の仕組みの違いにより,おおむね次の5つのパターンに分類することができる。
A-1型最終処分場及び中間処理施設への搬入を課税対象とする。(排出着目型)
A-1最終処分場及び中間処理施設への搬入を課税対象とする。(排出着目型)
B-1最終処分場への搬入を課税対象とする。(埋立着目型)
B-2型最終処分場及び焼却施設への搬入を課税対象とする。(埋立着目型)
B-3型最終処分場への埋立を課税対象とする。(埋立着目型)

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

総務部税務課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?