ホーム > くらし・環境 > 税金 > 納税者の皆さまへ > 新型コロナウイルス感染症拡大防止のための自動車税種別割の課税上の取扱いについて

更新日:2020年3月27日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症拡大防止のための自動車税種別割の課税上の取扱いについて

輸支局等における自動車の登録手続きに関し,新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から,
3月末に窓口での申請が集中する傾向を回避する必要があります。
このため,鹿児島県では令和2年4月1日を賦課期日とする自動車税種別割について,以下のとおり
取り扱うこととしたのでお知らせします。御理解と御協力をお願いします。

課税上の取扱い

動車について,3月中に廃車や使用停止を伴う所有権の変更が行われ,かつ,当該事由が発生して
から15日以内に所定の手続きがなされたことが確認できた場合

矢印

該手続きが令和2年4月であっても(ただし,最も遅い場合4月15日まで),3月中になされたもの
とみなし,令和2年度の種別割は課税されません。

 

例:3月26日に解体し,4月10日に永久抹消登録をした場合税されない。
ただし抹消登録の手続きが4月13日以降になると,法に定められた15日以内の手続きがなされて
いないため,課税
される。

対象となる自動車の登録手続き

→詳細は,国土交通省HPを御覧ください。(外部サイトへリンク)

 

以下の【1】,【2】の登録申請について,条件に一致する場合

 

【1】永久抹消登録
動車の解体報告記録日が,令和2年3月17日~31日のもので,当該記録日から15日
以内に登録をした場合

課税対象とならない事由発生日(解体報告記録日)の確認方法
1)動車リサイクルシステムHPにおける車両状況照会(見本)(PDF:94KB)
2)輸支局が発行する登録事項等証明書(見本)(PDF:125KB)

 

【2】移転登録+一時抹消登録(若しくは輸出抹消登録)
動車の譲渡年月日が,令和2年3月17日~31日のもので,譲渡年月日から15日以内
に登録をした場合

課税対象とならない事由発生日の確認方法
1)渡証明書(見本)(PDF:211KB)
2)録識別情報等通知書(見本)(PDF:120KB)輸出抹消登録の場合は,「輸出抹消仮登録証明書」)

 

→よくある質問(PDF:92KB)

その他留意事項

種手続きの都合上,旧所有者に納税通知書が発送される可能性もあります。
税対象とならない上記登録手続きをされた新所有者におかれましては,その場合は納付しないよう
旧所有者に御説明くださるようお願いします。

自動車保有手続きのワンストップサービス(OSS)の利用推進

型コロナウイルス感染拡大防止に伴う自動車登録申請の年度末集中の分散を図るため,自動車保有
手続きのワンストップサービス(OSS)を利用した申請をいただくなどの御協力をお願いします。

 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

総務部税務課

電話番号:099-286-2202

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?