ホーム > 教育・文化・交流 > 文化・芸術 > 鶴丸城御楼門・御角櫓 > 鶴丸城御楼門の建設に必要な木材の確保

更新日:2018年11月2日

ここから本文です。

鶴丸城御楼門の建設に必要な木材の確保

1鶴丸城御楼門の特徴

丸城の御楼門は,本丸の入口にあり,いかにも武の国・薩摩を象徴するような威風堂々のたたずまいで,天守のない「屋形づくり」の鶴丸城のシンボルであったとされています。

治6年(1873年)の火災で居館とともに焼失し,以後,再建された記録は残されていませんが,火災で焼失する前の明治初期に撮影された古写真の解析や,現存する礎石に残る痕跡等から,御楼門の大きさは,国内最大級の武家門であったものとされています。

【二重二層の武家門(木造2階建て】

・高さ:約20メートル(鯱まで)
・幅約20メートル(2階部分の柱間)
・主柱(鏡柱):約90×約70センチメートル

た,敵から内部を守る役割を果たす門扉は堅固かつ重厚で,鏡柱(かがみばしら)や冠木(かぶき),大扉など御楼門の前面部には,華美さを強調する部材が使われたと考えられています。

<参考>御楼門の各部の名称(PDF:372KB)

2楼門建設に必要な木材の確保について

御楼門の特徴からも,門の主要な柱となる大径木(直径1メートル規模の原木)は一般市場に流通していないことから,県内外の現地調査等により広く情報を収集するため,鹿児島県木材協同組合連合会に調査業務を委託し,平成27年8月にその結果をとりまとめました。

その後,この調査結果を踏まえた木材調達方針等に基づき,確保に向けた取組や情報収集を行ってきました。

鶴丸城御楼門建設に係る大径木調査等報告書(PDF:4,848KB)

門の主要な柱となるケヤキの大径木は,県内での入手が困難なことから,社寺建築用のケヤキを専門に扱う県外の材木商への依頼や,岐阜県からの情報提供によるセリへの参加を通じて,確保を進めてきました。その結果,建設工事の発注までに必要な木材の本数27本のうち,12本を調達しました。

お,工事発注後,工事請負業者により木材の調達はすべて完了しています。

3民の皆様からの提供申し出について

ホームページや県広報誌による募集,新聞報道等を通じて,県民の皆様から木材提供のお申し出や情報を多数いただきました。提供の申し出をいただいた木については,専門家による現地調査を実施し,その結果や設計条件などから,活用の可能性を判断させていただいたところです。

供のお申し出,情報をお寄せいただいた皆様,誠にありがとうございました。

4水町によるケヤキの提供

津義弘公に縁のある湧水町から,御楼門建設のために町有林のケヤキ15本を贈呈いただくこととなり,平成29年12月4日,湧水町においてケヤキの贈呈式及び伐採式を開催しました。

 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

総務部県民生活局生活・文化課楼門等建設推進室

電話番号:099-286-2506

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?