更新日:2018年9月3日

ここから本文です。

棒踊り

棒踊りの由来は,遠く戦国時代にあるといわれています。百姓町民は,いつも戦いの犠牲となり,安住の日とてなく,武器を持つことが許されなかったため,木製の薙刀(六尺棒踊)や木刀(三尺棒踊)・鎌(鎌踊)等で自衛するより他になく,それらを用いた防御・攻撃術が踊り化されたものと推察されています。
この踊りは男性6人で踊られ,3人が鎌,残りの3人が三尺棒を持つ,勇壮活発な踊りです。鹿島の棒踊りは(鎌と三尺棒)は,本土で一般に踊られているものと歌詞が異なり,語り物音楽風が特徴です。
各種大会や祝賀行事・祭りの催し等で踊られ,郷土芸能として残っています。
 
 

公開日時

不定期
 

公開場所

 

開催風景

棒踊り(生涯学習推進大会で披露)1
棒踊り(生涯学習推進大会で披露)2
棒踊り(生涯学習推進大会で披露)3

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

総務部文化スポーツ局文化振興課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?