ホーム > くらし・環境 > 消費生活 > トラブルの未然防止 > 通信販売で契約したものを解約したいときは

更新日:2011年1月28日

ここから本文です。

通信販売で契約したものを解約したいときは

通信販売は,購入に際し十分に考慮する時間があることから,法律で定められたクーリング・オフ制度(無条件解約制度)はありません。しかし,返品の可否,条件,送料の負担について,広告に表示していない場合,商品等を受け取った日から8日間,返品のための送料は購入者負担で返品(契約の解除)が可能です。また,事業者が自主的に定めるクーリング・オフ制度はあります。

通信販売には次の形態が該当します。
  • 郵便,電話,インターネット等により申込みを受ける販売
    新聞,雑誌等に記載されている広告のみならず,カタログ等のダイレクトメール,テレビ放映,折込チラシ,インターネットのホームページ,パソコン通信,電子メール等に表示される広告を通じて,消費者から郵便,電話,インターネット,電子メールによって購入の申込みを受け,これをもとにして行う販売が該当します。

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

総務部男女共同参画局くらし共生協働課消費者行政推進室

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?