ホーム > くらし・環境 > 消費生活 > トラブルの未然防止 > 電話勧誘販売で契約したものを解約したいときは

更新日:2011年1月28日

ここから本文です。

電話勧誘販売で契約したものを解約したいときは

電話勧誘販売で契約したものを解約したいときは,特定商取引法でクーリング・オフ制度(無条件解約制度)が設けられています。 また,クーリング・オフ期間が過ぎた場合でも,個々の契約で解約規定等を設けている場合もあります。

電話勧誘販売には次の形態が該当します。
  • 事業者から消費者へ電話をかけて販売
    事業者から消費者に電話をかけて商品等の購入について勧誘を行い,その電話の中で消費者が購入の申込みを行う場合が該当します。
  • 事業者が消費者に電話をかけさせ販売
    事業者の巧みな働きかけにより消費者が電話をかけさせられ,その電話の中で消費者が勧誘を受けて契約した場合が該当します。

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

総務部男女共同参画局くらし共生協働課消費者行政推進室

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?