ホーム > くらし・環境 > 消費生活 > トラブルの未然防止 > 【消費者庁】自動ドアに関する注意喚起

更新日:2018年3月28日

ここから本文です。

【消費者庁】自動ドアに関する注意喚起

建物の出入口にある自動ドアでの事故に気を付けましょう!
―指を挟まれて骨折することも―

建物の出入口にある自動ドアにぶつかったり挟まれたりする事故が毎年発生しています。
自動ドアでの事故を防止するため,自動ドアの仕組み,事故の要因,事故事例及び注意ポイントが取りまとめられました。

詳細は消費者庁ホームページを御覧ください。

事故防止のため注意していただきたいこと

通行する際の注意

  • 必ずドアが開き切ったことを確認してから通行しましょう。
  • ドアの間で静止しないようにしましょう。

自動ドアやその周辺に関する注意

  • ドアに手を付いたり,袖壁等にもたれたりしないようにしましょう。

子ども,お年寄り,身体の不自由な方に関する注意

  • 自動ドアの通行時には保護者や付添いの方が一緒に通るようにしましょう。
  • 子どもをドアの周辺で遊ばせないようにしましょう。

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

総務部男女共同参画局くらし共生協働課消費者行政推進室

総務部男女共同参画局消費生活センター

消費生活相談は消費者ホットラインまで
(局番無し)188
身近な消費生活相談窓口につながります。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?