ホーム > くらし・環境 > 消費生活 > 製品の安全 > 【消費者庁】家具やテレビの転倒に気を付けましょう!

更新日:2017年11月16日

ここから本文です。

【消費者庁】家具やテレビの転倒に気を付けましょう!

家具やテレビの転倒に気を付けましょう!
―下敷きになった子どもが死亡する事故も―

衣服や本などを収納するタンス,棚などの家具やテレビ(以下「家具等」といいます。)が子どもの体の上に倒れてきて、子どもが下敷きになるなどの事故が発生しています。これらの事故は,場合によっては,死に至ることもあります。
家具等の設置について,今一度,御家庭の状況を見直してみましょう。

詳しくは消費者庁ホームページを御覧ください。


事故防止のため注意していただきたいこと

子どもは,好奇心が旺盛で,大人が予測できない行動をとることがあります。そして,その行動が思わぬ事故につながる場合もあります。私たちは,家具等の転倒による事故を防止するため,以下のような対策を取っておく必要があります。

  1. 家具やテレビは固定して使用しましょう。
  2. 家具の引き出しには鍵やストッパーなどを付けましょう。
  3. 家具の上に,玩具など,子どもの興味をひくものを置かないようにしましょう。

関連リンク

 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

総務部県民生活局生活・文化課消費者行政推進室

総務部県民生活局消費生活センター

ヒヤリ・ハットした製品事故の相談は
消費者ホットラインへ
(局番無し)188
身近な消費生活相談窓口につながります。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?