ホーム > くらし・環境 > 消費生活 > トラブルの未然防止 > 【消費者庁】木製ベビーベッドに関する注意喚起について

更新日:2019年11月28日

ここから本文です。

【消費者庁】木製ベビーベッドに関する注意喚起について

木製ベビーベッドの収納扉が不意に開き乳児が窒息する重大事故が発生!

下部に扉付きの収納部分があり,床板の高さを調整できる木製ベビーベッド(以下「収納扉付床板調整木製ベビーベッド」という。)の使用中,収納部分の扉が不意に開いたために,乳児の頭部が敷具と収納部分の上枠の隙間に挟まって窒息し,死亡あるいは重体に陥ったという重大事故等※1が令和元年6月及び9月に2件発生しています。
この事故は,安全基準に適合したマーク※2(PSC,JIS又はSG)が貼付された製品でも,収納部分の扉のロックを完全に掛けなければ発生する可能性があります。

収納扉付床板調整木製ベビーベッドとは

(1)木製ベビーベッドの下部に収納部分がある。
(2)収納部分には,扉が付いている。
(3)床板の高さを調整できる。

これらの条件に該当するベビーベッドをお使いの方は,今すぐ,次の事故防止のポイントを実践してください。

事故防止のポイント

(1)扉を開け閉めする都度,扉を手で引っ張るなどして,収納部分の扉のロックが掛かっていることを必ず確認してください。
扉が開かないように,収納部分の上枠と扉をひもで縛るなど,簡単に開かない工夫も有効です。
(2)扉のロックを掛けることを習慣にしましょう。
子どもの月齢が低く,床板を高くしているため収納部分の上枠より敷具が上にある場合でも,子どもが成長していくに連れて床板を下げて使用することもあるので,ロックを習慣にすることが大切です。
(3)収納部分の扉のロックが壊れていたら,直ちにベビーベッドの使用を中止してください。

※1消費者安全法(平成21年法律第50号)第2条第7項に規定されている。

※2主な安全基準について
ベビーベッドに関する主な安全基準は,表:ベビーベッドに関する主な安全基準(PDF:140KB)のとおりです。
床板の高さ調整の段階については,日本産業規格(JIS)のみ2段階としていますが,他の基準には規定されていません。
また,収納部分の扉については,いずれの基準にも規定がありません。

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

総務部男女共同参画局くらし共生協働課消費者行政推進室

総務部男女共同参画局消費生活センター

ヒヤリ・ハットした製品事故の相談は
消費者ホットラインへ
(局番無し)188
身近な消費生活相談窓口につながります。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?