ホーム > くらし・環境 > 消費生活 > 消費者トラブル緊急情報 > 【消費者庁】詐欺被害相談をかたる悪質事業者に関する注意喚起

更新日:2017年5月24日

ここから本文です。

【消費者庁】詐欺被害相談をかたる悪質事業者に関する注意喚起

平成28年6月以降,SMS(注1)やメール等で有料動画サイトの未納料金などの名目で架空請求を受けた消費者に対し,実際には何ら交渉など行わないにもかかわらず,「○○さん(消費者)に代わって,これ以上請求をしてこないように請求業者と交渉します。」,「1社とはけりがついたが、あなた(消費者)は他にも数か所のサイトを閲覧しています。未納料金の請求を取り消すにはあと○万円お支払いただく必要があります。」などと言って勧誘し,高額な依頼料を請求する事業者に係る相談が,各地の消費生活センター等に寄せられています。
(注1)メールアドレスではなく携帯電話番号をあて先にして送受信するメッセージサービス。

詳細は下記の消費者庁ホームページをご覧ください。

注意していただきたいこと

  1. 「有料動画サイトの未納料金が発生しており,本日中に連絡がなければ法的手続きに移行します。」などというSMSやメールは典型的な詐欺の手口です。連絡してしまうと,様々な名目で金銭の支払いを要求されるため,SMSやメールに記載されている電話番号には,絶対に電話をしないようにしましょう。
  2. このようなSMSやメールが届き,どうしても心配な場合は,各地の消費生活相談窓口(電話番号:188)警察(電話番号:#9110)に相談しましょう
  3. インターネット上には「詐欺被害の相談サイト」などと称するウェブサイトがありますが,そのウェブサイトの中には,架空請求等の解決をかたる悪質業者が存在しますので十分注意しましょう。
  4. 架空請求等の解決をかたる悪質業者などに連絡をして,不安に思った場合でも,すぐに各地の消費生活相談窓口に相談しましょう。(消費生活相談窓口では,消費者からの相談をうけ,トラブル解決のための助言や必要に応じてあっせんを無料で行っています。)

参考情報

相談先

消費者ホットライン

(局番無し)188
最寄りの消費生活相談窓口につながります。

警察相談専用電話

(局番無し)#9110

関連リンク

 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

総務部男女共同参画局くらし共生協働課消費者行政推進室

総務部男女共同参画局消費生活センター

消費生活相談は消費者ホットラインまで
(局番無し)188
身近な消費生活相談窓口につながります。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?