ホーム > くらし・環境 > 消費生活 > 消費者トラブル緊急情報 > 【消費者庁】法的な資格制度がない医業類似行為の手技による施術は慎重に

更新日:2017年5月30日

ここから本文です。

【消費者庁】法的な資格制度がない医業類似行為の手技による施術は慎重に

消費者庁には,「整体」,「カイロプラクティック」,「リラクゼーションマッサージ」などの法的な資格制度がない医業類似行為の手技による施術で発生した事故の情報が,1,483件寄せられています(平成21年9月1日から平成29年3月末までの登録分)。そのうち,治療期間が1か月以上となる神経・脊髄の損傷等の事故が240件と全体の約16%を占めています。

詳細は消費者庁のホームページを御覧ください。

注意していただきたいこと

  1. 疾病がある方は施術を受ける前に医師に相談しましょう。
  2. 情報を見極めて,施術や施術者を慎重に選びましょう。
  3. 施術を受ける際は,施術者に自分の体調や希望をしっかりと伝えましょう。
  4. 施術を受けた後で異常を感じた場合は,すぐに施術を受けた施設や運営者に伝え,なるべく早く医師に相談しましょう。
  5. トラブルの解決が困難な場合は,お近くの消費生活センター等に相談しましょう。

消費生活相談窓口の御案内

消費者ホットライン

(局番無し)188
最寄りの消費生活相談窓口につながります。

関連リンク

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

総務部男女共同参画局くらし共生協働課消費者行政推進室

総務部男女共同参画局消費生活センター

消費生活相談は消費者ホットラインまで
(局番無し)188
身近な消費生活相談窓口につながります。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?