ホーム > くらし・環境 > 消費生活 > 消費者トラブル緊急情報 > 【消費者庁】ドライアイスによる手などの凍傷や容器破裂に注意!

更新日:2017年7月28日

ここから本文です。

【消費者庁】ドライアイスによる手などの凍傷や容器破裂に注意!

ドライアイスは取扱いを誤ると接触による凍傷,密閉容器の破裂,換気が不十分な所でおこる酸素欠乏状態など,大きな事故につながることがあります。
詳細は消費者庁のホームページを御覧ください。

注意していただきたいこと~ドライアイスの安全上の注意点~

1直接触らないでください

冷凍の食品が入った宅配用の保冷容器やビニール袋などに不用意に手を入れず,まず中にドライアイスが入っていないか確認しましょう。ドライアイスがあれば,素手ではなく厚手の手袋を使用し取り扱ってください。
また,子どもにとっては,空気中又は水中で白煙を出すドライアイスは興味を引くものでありますが,ドライアイスを取り扱う場合には,子どもがドライアイスを素手で触ったり,口に入れたりしないよう,保護者の方は十分に注意するとともに,子どもの手の届かないところに置いてください。
万が一,凍傷の症状が生じたと思われる場合には,まずは患部を40~42℃の湯に浸し,温めてください。患部はこすらず,水泡がある場合は潰さずにガーゼなどで保護して,医療機関を受診してください。

2密閉容器に絶対に入れないでください。

ドライアイスは空気中ですぐに気体化し,その体積が約750倍に膨張する特性があり,容器の破裂等の事故を引き起こすおそれがありますので注意が必要です。ペットボトルやビンなどの密閉容器にドライアイスを絶対に入れないでください。

3換気が不十分な所では取扱い・貯蔵はしないでください。

ドライアイスは気体化すると,多量の二酸化炭素の気体になるため,十分な換気ができないと,酸欠になったり,意識障害を引き起こしたりすることがありますので,地下室や自動車など十分に換気ができにくい所ではドライアイスの貯蔵・取扱いはしないよう注意してください。
インターネットで購入した冷凍の食品のこん包にドライアイスが入っていたり,スーパーなどでドライアイス製造機から消費者自身で粉末状のドライアイスを袋に詰めて持ち帰ったりすることがあり,夏場はさらに使用する機会が多くなります。事故に遭わないよう,上記のドライアイスの安全上の注意点を守って,安全に取り扱いましょう。
なお,余ったドライアイスは,風通しのよい場所で自然に消滅させることで廃棄が可能です。

消費生活相談窓口の御案内

消費者ホットライン

(局番無し)188
最寄りの消費生活相談窓口につながります。

関連リンク

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

総務部男女共同参画局くらし共生協働課消費者行政推進室

総務部男女共同参画局消費生活センター

消費生活相談は消費者ホットラインまで
(局番無し)188
身近な消費生活相談窓口につながります。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?