ホーム > くらし・環境 > 消費生活 > 消費者トラブル緊急情報 > 【消費者庁】「ヤフー株式会社をかたる架空請求」に関する注意喚起

更新日:2018年12月28日

ここから本文です。

【消費者庁】「ヤフー株式会社をかたる架空請求」に関する注意喚起

SMSを用いてインターネットサイトの有料サービス等の未納料金の名目で金銭を支払わせようとする「ヤフー株式会社をかたる架空請求」に関する注意喚起

消費者のスマートフォンなどの携帯電話に「未納料金を滞納しております。ご連絡なき場合は法的手続に移ります。ヤフー。」などと記載したSMS(ショートメッセージサービス)(注1)を送信するとともに,SMSに記載された電話番号に連絡してきた消費者に「お客様は1年間のヤフーのご利用にあたって、料金を●万円滞納されています。」,「支払方法はお近くのコンビニエンスストアでギフトカードを買って、そのギフト券番号を教えてください。」などと告げ,インターネットサイトの有料サービス等の未納料金名目で金銭を支払わせようとする架空請求に係る相談が,各地の消費生活センター等に寄せられています。

(注1)メールアドレスではなく携帯電話番号をあて先にして送受信するメッセージサービス

詳細は下記の消費者庁ホームページをご覧ください。

注意していただきたいこと

  1. 未納料金を支払えとして,ヤフーの名前でSMSを送信するのは詐欺の手口です。こうした要求には絶対に応じないようにしましょう。
    詐欺的な行為を行う事業者が,実在する事業者等の名前をかたる場合があります。事業者等の名前に聞き覚えがあるからといって安易に信用せず,話の内容等をよく確認しましょう。
  2. 「本日中に連絡がなければ法的手続きに移行します。」というSMSは典型的な詐欺の手口です。絶対に連絡しないようにしましょう。
    訴訟等の法的手続への移行が予定されている場合,あらかじめ書面による通知がなされるのが一般的です。前述のようなSMSは,相手を脅かし,せき立てて冷静な判断力を失わせようという典型的な詐欺の手口です。
  3. ギフト券を購入してその番号を連絡しろというのは典型的な詐欺の手口です。絶対に応じないようにしましょう。
    有料サービスの未納料金名目以外にも,ギフト券番号を聞き出す手口の詐欺が横行しており,国民生活センターやギフト券の発行会社等も注意を呼びかけています。
  4. 正当な根拠のない請求には絶対に応じないようにしましょう。
    事業者からの請求に一度でも応じてしまうと,それ以降も,金銭の支払を請求されるおそれがあります。
  5. SMSは,不特定多数の電話番号に直接送信することができるため,詐欺の手口として利用されるケースが数多くあります。
    「SMS」,「未納」,「ギフト券」といった手法や文言が揃っていたら,それは詐欺であることを疑いましょう。
  6. 詐欺的な行為を行う事業者が,ヤフーに限らず,実在する有名企業の名をかたる場合があります。
    事業者等の名前に聞き覚えがあるからといって安易に信用せず,話の内容等をよく確認しましょう。

相談先のご案内

消費者ホットライン

(局番無し)188
最寄りの消費生活相談窓口につながります。

警察相談専用電話

(局番無し)#9110


よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

総務部男女共同参画局くらし共生協働課消費者行政推進室

総務部男女共同参画局消費生活センター

消費生活相談は消費者ホットラインまで
(局番なし)188
身近な消費生活相談窓口につながります。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?