ホーム > くらし・環境 > 消費生活 > 消費者トラブル緊急情報 > 架空請求にご注意ください!

更新日:2018年11月12日

ここから本文です。

架空請求にご注意ください!

「訴訟最終告知という内容のハガキが届いたが,覚えがない」,「利⽤した覚えがない架空の請求を受けているが,どうしたらよいか」という相談が,全国の消費⽣活センターへ寄せられています。
架空請求の請求⼿段は,ハガキ,封書,SMS(ショートメッセージサービス)など様々です。法的措置を執るなどと記載をしたり,実在の事業者名をかたって本物と思わせたりして,消費者の不安をあおるケースも⾒られます。
また,架空請求は消費者の情報を完全に特定して送られているわけではありません。連絡してしまうと個⼈情報が知られ,その情報を基にさらに⾦銭を要求される可能性があります。未納料⾦を請求されても⼼当たりがなければ決して相⼿に連絡しないようにしましょう。
訴訟○○センター等を名のり消費料⾦の件で訴訟を開始するというハガキや封書,有名企業を名のり有料動画の未納料⾦の件で連絡が必要というSMS等が届いた場合は,「消費者ホットライン(局番なしの188)」を活⽤し,本当に⽀払が必要かどうかを確かめましょう。

詳細は下記の消費者庁ホームページをご覧ください。

消費者ホットライン

(局番無し)188
最寄りの消費生活相談窓口につながります。

 

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

総務部県民生活局生活・文化課消費者行政推進室

総務部県民生活局消費生活センター

消費生活相談は消費者ホットラインまで
(局番なし)188
身近な消費生活相談窓口につながります。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?