ホーム > くらし・環境 > 消費生活 > 消費者トラブル緊急情報 > 市役所職員等を名乗り,還付金等があるという不審な電話に御注意ください!!

更新日:2016年3月17日

ここから本文です。

市役所職員等を名乗り,還付金等があるという不審な電話に御注意ください!!

市役所職員等を名乗り,「医療費,健康保険料等の還付金があるが手続きが済んでいない。」などと言って,口座番号や残高を聞き出そうとしたり,ATMに行くよう仕向けたりする不審な電話に関する相談が県内の消費生活センターに寄せられています。今後も同様な電話がかかってくるおそれがあります。不審な電話に注意しましょう!!

県民の皆さんに知っていただきたいこと

  • 還付金等がATMを操作して振り込まれることはありません。
  • ATMに行ってくださいといわれたら詐欺を疑ってください。
  • 市役所等の職員が電話で口座番号などを聞くことはありません。
  • 不安や不審に感じたら,消費者ホットライン「188」に相談してください。

情報提供・相談先

  • 最寄りの市町村消費生活相談窓口や県消費生活センターを案内する「消費者ホットライン」

(局番なし)188番(イヤヤ!泣き寝入り!)と覚えてください。

これまでの0570-064-370(ゼロゴーナナゼロ守ろうよみんなを!)も使えます。

  • 県消費生活センター

099-224-0999

  • 大島消費生活相談所

0997-52-0999

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

総務部男女共同参画局くらし共生協働課消費者行政推進室

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?