ホーム > 健康・福祉 > 青少年・子ども > 青少年育成 > 「かごしま地域塾」推進事業について

  • 許認可届出(様式提供)
  • 県の計画
  • 資格・検定・試験
  • 融資

ここから本文です。

更新日:2015年11月2日

「かごしま地域塾」推進事業について

1目的

鹿児島の教育的風土や伝統を生かして,子どもたちが思いやりや自律心などを学ぶ「かごしま地域塾」の県内全域への拡大・普及を図るとともに,「かごしま子どもリーダー塾」「新かごしま子ども塾」等の実施により,ふるさとに根ざした国際的な人材を育成します。

2業の構成

かごしま地域塾」推進事業は,5つの事業で構成しており,これらの事業を通して,次代の鹿児島や国を担う,知性と豊かな心を兼ね備えた国際人として通用するリーダーの育成を図ることとしています。

 

かごしま地域塾推進事業相関図[平成26年度](PDF:91KB)

かごしま地域塾リスト[平成27年度(平成27年11月1日現在)](PDF:339KB)

3業の概要(平成26年度実績)

(1)ごしま子どもリーダー塾の実施

《目的》
らの「志」に向かって明確なビジョンを掲げ,集合研修及び実践的な体験を重ね,互いに切磋琢磨しながら,自らの行動規範を修得する。

《塾生》

県内高校1年生31名[平成26年度]

 

《研修方法》

年間をとおして,集合研修,実践活動,卒塾研修を実施

1合研修

期間成26年8月4日月曜日~8月7日木曜日(3泊4日)

場所立青少年研修センター

内外の講師陣による講義及び体験活動等

4つの視点からのカリキュラム構成

性・豊かな心の醸成
際感覚と郷土愛の醸成
全な心身の鍛練
ーダー力の醸成

 

集合研修の様子<講師紹介敬称略>

「鹿児島の歴史・文化~郷土の偉人に学ぶ~」
原口

「変貌を遂げる東南アジア諸国連合ASEANとの
生」

「グローバル化の中のリーダー」
桃木野

「南極で学ぶ人間力」
宮田敬博

「薩摩人(鹿児島人)気質について」
島津修久

「伝統を受け継ぐ~川辺仏壇~」
久保純一

「『もてなしの心』礼儀作法・茶道」
溝口

「集成館事業」
松尾

第35回霧島国際音楽祭2014
「みやまふれあい特別コンサート」

「サツマイズム~時代の節目に薩摩が動く~」
島津義秀

「『地球は今・・・』~エコライフを始めよう~」
塩川

「科学の最前線~宇宙地図つくりに挑戦~」
面髙俊宏

「出水の郷中教育と修養掟」
肱岡隆夫

「自顕流体験」
隆一

「海外から見た日本・日本から見た海外」
ギュレメトヴ・ニコライ

「『国際人』って,一体何?」
中田勝紀

「鹿児島における社会貢献とは」
久保田

2践活動(平成26年9月~11月,塾生の居住するそれぞれの地域など)

自らの志を実現させるための行動力,決断力を磨く。

伝統行事等での精神鍛錬活動

地域活動やボランティア活動等

3塾研修(平成27年1月18日日曜日県青少年会館

自己の信念に基づく,行動規範を修得する。

修了証書授与式,実践活動報告会,意見交換会(卒塾生交流)

(2)かごしま子ども塾

《目的》

礎的人間形成期にある小学校高学年を対象に,次代の鹿児島や国を担う,知性と豊かな心を兼ね備えた国際人の育成を図る。

《基本方針》

土の文化・歴史・人材等教育的環境を十分に活用した研修を通し,郷土愛や国際感覚を育み,健全な心身を鍛える。

《対象》

県内の小学5・6年生(50名程度)

《研修方法》

1宿研修

期間成26年8月17日日曜日~20日水曜日(3泊4日)

場所県立青少年研修センター他青少年会館,維新ふるさと館,尚古集成館等

内容A:「かごしまの歴史」コース

鹿児島の歴史,文化等に触れ,継承・発展させようとする郷土への愛着と先人への畏敬の念を喚起し,郷土愛を育む契機とする。(郷土愛の醸成)

B:「国際理解」コース

文化と自国やふるさとの文化・風習を対比することで国際理解を図り,外国語や外国の文化に触れることをとおして,コミュニケーション能力を主体的に育成する意欲を喚起し,国際感覚を育む契機とする。(国際感覚の萌芽)

期間成26年12月25日木曜日~28日日曜日(3泊4日)

場所立南薩少年自然の家他青少年会館,南さつま市等

内容C:「心身の鍛練」コース

鹿児島に伝わる「修養訓」や「古武道」等をとおして,自立の精神を学び,豊かな感性を育み,体験を通じて心身の調和のとれた成長を図る。(健全な心身の鍛練)

合宿研修の様子<講師紹介敬称略>

合同研修

「未来を君たちの手に!」
末吉竹二

A:「かごしまの歴史」コース

「かごしま歴史散歩」
東川太郎



「かごしまタイムトラベル1(維新ふるさと館)」
福田

「かごしまタイムトラベル2(尚古集成館)」
松尾

B:「国際理解」コース

「世界への第一歩」
青年海外協力隊鹿児島県OB会



「異文化コミュニケーション」
NPO国際理解プログラム研究会
「日本人の『もてなしの心』(茶道体験)」
溝口

C:「心身の鍛練」コース

「出水兵児修養掟について学ぶ」
肱岡



「島津中興の祖津忠良土の教え
日新公いろは歌」
「『武道の精神を学ぶ』(自顕流体験)」

「かごしま歴史散歩(南薩編)」
東川太郎


 

2己研鑽研修

合宿研修の成果を踏まえ,それぞれの学校生活や地域活動の中での積極的な実践に努める。

(例)童会活動への積極的参加域の伝統行事の調査・参加際交流活動ども会・あいご会活動

3践レポート提出

自己研鑽研修で取り組んだ内容を報告する。

(3)ごしま地域塾グレードアップセミナー(推進大会)の開催

《目的》

域塾等青少年団体の指導者を対象に,地域塾活動等に関する研修・意見交換,優れた地域塾の紹介を行うことで,今後の地域塾活動の質的向上及び地域塾相互の連携強化を図るとともに,県内全域への地域塾の拡大・普及を図る。

《期日》

平成27年2月1日曜日

《場所》

志布志市田之浦ふるさと交流館,田之浦山宮神社

《内容》

田之浦地域塾(平成25年度「優れた地域塾」認証)の「子ども神楽伝承活動」実地見学

「子ども神楽<岩戸潜(くぐ)り舞>」

(4)優れた地域塾」の認証

《目的》

ごしま地域塾推進事業は,地域の縁(えにし)や地域社会に蓄積された様々な知恵を生かして,地域に根ざした自立する「かごしま地域塾」(以下,「地域塾」という。)の育成に取り組んでおり,県内全域への地域塾の拡大・普及を目指しているところである。

後,他の地域塾の模範となる活動を行い,県内全域への地域塾の拡大・普及に寄与する能力を有すると認められる団体を「認証地域塾」として認証し,県内全域への地域塾の拡大・普及に寄与してもらうことを目的とする。

《平成26年度認証地域塾》

山下校区あいご会(鹿児島市)優れた地域塾」紹介資料(PDF:136KB)

平成27年2月17日,鹿児島振興局総務企画課より認証証及び認証盾を伝達しました。

(5)域塾への活動支援助成

《目的》

地域の縁(えにし)や地域社会に蓄積された様々な知恵を生かして,地域に根ざし自立する「かごしま地域塾」を育成することを目的として実施します

助成額等平成26年度は18団体に助成(1団体あたり10万円以内)

4ごしま子どもリーダー塾卒塾生同窓会組織『薩龍館』

第3回研修会・総会

《期日》成26年8月16日土曜日

《場所》鹿児島県青少年会館

1修会

演題『志』はなくとも」

講師式会社丸屋本社表取締役社長

2

 

5の他

かごしま地域塾は,郷中教育など古くからの鹿児島の教育の仕組みを取り入れて実施しています。郷中教育の原点は,今から400年前に,伊佐の新納忠元公が作ったと言われる「二才咄格式定目(にせばなしかくしきじょうもく)」であると言われています。

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

総務部県民生活局青少年男女共同参画課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る