ホーム > くらし・環境 > 人権・男女共同参画 > 女性の活躍推進 > 働く女性の異業種交流会「わたし活躍スイッチ!」を開催しました!

更新日:2019年3月6日

ここから本文です。

働く女性の異業種交流会「わたし活躍スイッチ!」を開催しました!

性が将来のキャリアデザインを描き,意欲を持って就業できるよう,意識の向上を図るとともに,ネットワークづくりを促進するための異業種交流会を開催しました。

概要

成31年2月24(日曜日)13時30分~16時30分
SHIROYAMAHOTELkagoshima(城山ホテル鹿児島)4階レインボー
参加者く女性79名

パネルディスカッション

鹿児島で活躍中の5人の女性がロールモデルとして登場し,自身のキャリアで印象的であった仕事や「ありたい自分」に近づくために取り組んできたことなどについてお話していただきました。

ロールモデル
  • 井本香さん(キリンビール南部九州支社鹿児島支店支店長)
  • 小園子さん(南大隅町観光プロデューサー)
  • 松見種さん(マルヤガーデンズマネージャー(企画・広報))
  • 西野季子さん(ホテルニューニシノ代表取締役)
  • 増留紀子さん(鹿児島大学大学院理工学研究科建築学専攻助教)

パネルディスカッション

鹿児島県女性ワーキンググループの活動報告

鹿児島県女性ワーキンググループのメンバーが登場し,これまでの活動を振り返るとともに,ワーキンググループで出た意見がどのような形で県の施策に反映されてきたのか,実例を交えながら説明がありました。

女性ワーキンググループ
  • 中村子さん(鹿児島銀行)
  • 花北う子さん(康正産業)
  • 安川かねさん(城山観光)
  • 山元子さん(中江報徳園)
  • 古栫子さん(富士ゼロックス鹿児島)
  • 奈絵さん(渕上印刷)
  • 矢部美子さん(山形屋)

女性WG活動報告

グループトーク

1グループ7名程度のグループを作り,以下のテーマについてグループトークを行いました。

  1. ワーク・ライフ・バランスと仕事のモチベーションアップについて
  2. 働きやすい職場環境づくりや働き方について
  3. キャリアアップの実現について

グループトーク

交流タイム

1人30秒ひとこと&PRとして,参加者の方に本日のグループトークでの気づき・感想,自身のお仕事についてお話していただきました。

交流タイム

アンケート結果

参加者の満足度

参加者満足度

主な意見
  • 様々な働き方があると改めて気付いた。限界を作らずに働く,自分の中でのステップアップを目指したい。
  • 「今日の私が残りの人生の中で一番若い」というマインドチェンジが新鮮だった。
  • 「期待を少しだけ上回る」など第一線で働いている女性の言葉は強く残った。
  • 今まで,キャリアアップは自分にはできないのではと自信がなかったが,自分に与えられたチャンスに対して遠慮したり謙遜したりしないように頑張っていきたい。
  • 出会ったみなさんと相乗効果で女性の働く環境を改善していきたいと感じた。いつか男女区別しなくて済む環境を作っていきたいと思った。
  • 鹿児島にもこんなにたくさんの仕事に真剣に向き合っている女性がいることに驚いて,それと同時に私も頑張ろうと思った。「働く女性としての楽しさ」「妻としての楽しさ」「母としての楽しさ」すべてを欲張りにゲットできるような女性になりたいと思った。
  • 多くの人が「明日からまた頑張れる」と言っていたのが印象的だった。各界でそれぞれに女性が頑張っているという気づき自体が活躍スイッチなのだと感じた。

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

総務部男女共同参画局青少年男女共同参画課男女共同参画室

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?