ホーム > くらし・環境 > 人権・男女共同参画 > 鹿児島県女性活躍推進会議 > 平成30年度鹿児島県女性活躍推進会議・女性ワーキンググループ

更新日:2018年5月31日

ここから本文です。

平成30年度鹿児島県女性活躍推進会議・女性ワーキンググループ

女性がその個性と能力を十分に発揮して活躍し,男女がともに安心して生き生きと働くことができる「鹿児島」の実現を目指し,多様な主体が連携して本県における女性活躍の取組を加速化するため,平成28年6月24日に「鹿児島県女性活躍推進会議」を設立しました。
推進会議は,経済団体,農林水産関係団体,大学,行政等で構成し,事業が効果的円滑に推進されるよう広く働く女性の意見を聴くために,下部組織として女性ワーキングループを設置しました。

女性活躍推進会議(平成30年度)

(女性活躍推進会議構成団体)

長:門田晶子同会社GO!Kagoshima

鹿児島県商工会議所連合会 鹿児島県森林組合連合会
鹿児島県商工会連合会 鹿児島大学
鹿児島経済同友会 鹿児島労働局
鹿児島県経営者協会 鹿児島県市長会
鹿児島県中小企業団体中央会 鹿児島県町村会
鹿児島県農業協同組合中央会 鹿児島県
鹿児島県漁業協同組合連合会 女性ワーキンググループ

 

平成30年5月16日開催

成30年度第1回目の女性活躍推進会議は,はじめに日本銀行鹿児島支店長健司氏による「鹿児島県内の雇用情勢と人手不足への対応」と題した,女性の労働参加や,女性の活躍推進の課題と展望についての講話の後,意見交換を行いました。その後,県女性活躍推進優良企業知事表彰制度の見直しについて協議し,平成29年度女性活躍推進関係事業実績や平成30年度女性活躍推進関係事業計画等について報告を行いました。

(主な意見

  • 地域女性活躍推進交付金を活用している市町村が少ないので,その他の市町村にも,交付金の活用を検討していただき,女性の活躍推進に係る取組を進めていただきたい。
  • 女性の活躍推進に係る取組が企業トップや人事部・総務部に浸透していないと感じるため,今後とも女性の活躍推進に係る企業トップや管理職等の意識改革を図るセミナー等を実施していただきたい。
  • 広く各分野で働く女性から構成された女性ワーキンググループの意見は,働く女性の生の声であるので,当会議においても非常に重要である。

 

会議写真

女性ワーキンググループ(平成30年度)

成30年度第1回目の女性ワーキンググループは,平成29年度女性活躍推進関係事業実績や平成30年度女性活躍推進関係事業計画について報告を行った後,今年度実施予定である「働く女性の異業種交流会」の内容について協議を行いました。

主な意見)

  • 女性管理職等によるロールモデル的な講演だけではなく,男性経営者が女性活躍に対してどのような考えを持っているのかという話も併せて聴いてみたい。
  • グループディスカッションだけで終わるのではなく,グループ発表があった上で,その発表に対する講師からのアドバイスがあれば,課題・解決法等を共有できるのではないか。
  • 交流会については,色んな方と知り合うネットワークづくりの場になるような雰囲気づくりが大事である。

 

女性ワーキンググループ写真

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

総務部県民生活局青少年男女共同参画課男女共同参画室

電話番号:099-286-2634

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?