ホーム > 産業・労働 > 観光・特産品 > 東京事務所 > 移住相談員だよりNo.2

更新日:2016年5月31日

ここから本文です。

移住相談員だよりNo.2

移住・交流相談員の川口です。

鹿児島県への移住を希望する方の相談を受ける際に,必ず「本土と離島,どちらの暮らしを希望しているか。」についてお尋ねしています。本土と離島を比較すると,離島の方が「交通の便」「買い物」「医療機関」などで”心構え”が必要な場合が多いです。

例えば,離島には大きな病院やスーパーマーケットがないため,日常的に診療所や商店を利用する生活になります。都会暮らしとの違いが大きい地域は,移住前に時間をかけて「暮らしを体験する」ことが重要です。

移住・交流相談員として県内の移住相談についての情報も取り揃えています。移住を御検討の方はお気軽に御相談ください。

 

 

【移住・交流相談員が”面談・電話・メール”で御相談を承ります】

かごしま「よかとこ」暮らし支援センター

(NPO法人ふるさと回帰支援センター内)

〒100-0006東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館6階

電話:080-7731-7915(直通)

メール:kagoshima@furusatokaiki.net

相談受付:水曜日~日曜日10時00分~18時00分

 

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

総務部東京事務所

電話番号:03-5212-9060,03-52129062

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?