更新日:2016年1月29日

ここから本文です。

展示替え情報(平成27年12月)

平成27年12月25日に展示替えを行いました。詳細は,以下のとおりです。

常設展示展示替え情報(12月)
No. 展示場所 展示部門 展示分野等 資料名 備考
1 1階ビー 美術・工芸 日本画 古城江観山嶽図(2)」 高尾野町(現:出水市)生まれの日本画家
2

1階

「桜」

美術・工芸 洋画 日置誠Distance」 平成9(1997)年作
第51回南日本美術展
第11回パリ賞受賞者
3

1階

「桜」

美術・工芸 洋画 堀脇広樹「夢心地の朝にⅡ」 平成10(1998)年作
第52回南日本美術展
第14回海老原賞受賞者
4 1階 歴史 中世 重要文化財
紺糸威鎧・大袖付
重要文化財鹿児島神宮蔵
島津貴久の家老樺山幸久が正八幡宮に寄進したものと伝えられている。
5 2階 歴史 近・現代 大久保利通賛五代友厚筆「竹図」 五代友厚が描いた竹に,大久保利通が賛を書いたもの
6 2階 歴史 近・現代 五代友厚一行写真(写真パネル) 原資料:個人蔵
ベルギーのモンブラン家に伝わる写真
7 2階 歴史 近・現代 五代友厚肖像写真(写真パネル) 慶応元(1865)年,渡英中にロンドンで撮影したもの
8 2階 歴史 近・現代 五代友厚肖像写真(写真パネル) 明治元(1868)年,参与職外国事務局判事時代の写真
9 2階 歴史 近・現代 英国より弾薬代見積書 玉里島津家資料
渡英中の五代友厚が,薩摩の松田次吉に送った見積書
10 2階 歴史 近・現代 慶応元(1865)10月13日付
桂久武宛関研蔵(五代友厚)書状
玉里島津家資料
五代が,ヨーロッパ視察の結果を薩摩藩家老桂久武に報告した書状
11 2階 歴史 近・現代 堀孝之宛五代友厚書状 五代が堀孝之に宛てた書状で,鉱山業に関するものである。
12 2階 歴史 近・現代 五代友厚勲四等旭日小綬章 明治18(1885)年9月22日,五代は,勲四等に叙せられ,旭日小綬章を受章した。
13 2階 歴史 近・現代 重要文化財
明治10(1877)年10月9日付
大久保利通宛五代友厚書簡
西南戦争終結直後,大久保利通に宛てた書簡
14 2階 歴史 近・現代 錫製の茶壺 個人蔵
五代友厚所用の茶壺
15 2階 民俗 南島 トシドン(面)〔薩摩川内市甑島〕 大晦日の夜に,子供のいる家を訪れる来訪神。子供たちに説教をしたあと,『トシモチ(年餅)』を与えて去っていく。
16 3階 美術・工芸 鹿児島市指定文化財
短刀:銘「波平友安」
薩摩刀波平系の古刀期(江戸時代以前)に属し,南北朝期の中期から後期(14世紀後半)に作刀
17 3階 美術・工芸 鹿児島県指定文化財
刀:銘(一ツ葉葵紋)主馬首一平藤原安代」
享保9(1724)年,主水正正清と共に将軍徳川吉宗の命を奉じて薩摩で鍛刀し献上した刀
18 3階 美術・工芸 鹿児島県指定文化財
刀:銘(一ツ葉葵紋)主水正藤原正清」
享保9(1724)年,主馬首一平安代と共に将軍徳川吉宗の命を奉じて薩摩で鍛刀し献上した刀
19 3階 美術・工芸 脇指:銘薩州住藤原正近」 正近は正清の嫡子
20 3階 美術・工芸 刀:銘薩州喜入住清房」 喜入の刀工中村家の八代目清行の子
刀には別名「花輪斬り清房」と呼ばれる逸話がある。
21 3階 美術・工芸 刀:銘波平行周」 坂ノ上波平の六十一代
22 3階 美術・工芸 脇指:銘薩州住正良」 平成27年度研磨した赤羽刀
23 3階 美術・工芸 重要文化財
小太刀:銘相州住秋廣」
重要文化財
鹿児島神宮蔵
24 3階 美術・工芸 国宝
太刀:銘国宗」
国宝
島津家伝来,照国神社蔵
25 3階 美術・工芸 薩摩焼 色絵鳳凰牡丹文龍耳大花瓶 平佐の色絵作品。フランスからの里帰り品のひとつである。

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

歴史・美術センター黎明館学芸課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?