更新日:2016年3月9日

ここから本文です。

展示替え情報(平成28年2月)

平成28年2月25日に展示替えを行いました。詳細は,以下のとおりです。

 

平成28年2月の展示替え情報
No. 展示場所 部門 分野等 資料名 備考
1 1階ロビー 美術・工芸 洋画 安達真太郎筆
「平佐水鉢のある静物」
クラシック絵画の研究を深め,オランダ静物画派の画風を目指した。細密描写の第一人者
2 1階ロビー 美術・工芸 薩摩焼 透彫香炉(苗代川系)
銘「輝山」
県の無形文化財に指定された勝目正範氏による白薩摩の透彫香炉
3 1階喫茶「桜」 美術・工芸 洋画 橋尾美代子筆
「台所の静物」
鯨津政男氏に師事。戦後,静物等の研究を続け,第6回南日本美術展で入賞
4 1階 原始・古代 弥生文化 鹿児島県広田遺跡出土品
(広田遺跡A地区上層出土貝製品)
広田遺跡(南種子町)のA地区上層から出土した,上層タイプの貝符,イモガイ珠,ゴホウラ製の貝輪
5 2階 歴史 近世
宝暦治水
貴久公以来御家老相勤候人之事
(「薩藩政要録(要用集)」巻二)
平田靱負正輔は,島津氏24代・第7代藩主となった重年に仕え,宝暦治水では御手伝普請の総奉行として指揮に当たった。
6 2階 歴史 近世
宝暦治水
薩陽武鑑 薩摩藩の上士各家の略系図や家紋,儀式での御礼席,当主や夫人・嫡子の名や道具印,禄高などを記したもの
7 2階 歴史 近世
宝暦治水
丸十字紋入文箱 宝暦治水に元〆役として国元から参加した,物奉行の山元藤兵衛の子孫家に遺された資料
8 2階 歴史 近世
宝暦治水
文箱 江戸から目付役として赴いた,愛甲源左衛門(季平)に関わるものとして伝来
9 2階 歴史 近世
宝暦治水
借用証入れ 江戸から目付役として赴いた,愛甲源左衛門(季平)に関わるものとして伝来
10 2階 歴史 近世
宝暦治水
治水雑誌(第一号) 西村捨三(前内務省土木局長)・山田省三郎(岐阜県議会議員)・金原明善らが結成した治水協会が,明治23(1890)年に発行
11 2階 歴史 近世
宝暦治水
治水雑誌(第二号) 明治24(1891)年,治水協会発行。オランダ人技師ヨハネス・デ・レーケ(1842~1913)の功績等を具体的に紹介
12 2階 歴史 近世
宝暦治水
薩摩義士 大正15(1926)年5月15日,薩摩義士例祭・平田靱負の命日(25日)を前に,子弟教養の資料として鹿児島県教育会が発行
13 2階
入口近く
民俗 昭和
家電
ナショナル・ラジオ 昭和30年代後半に使われていた真空管ラジオ
14 2階 民俗 祭る 帖佐人形内裏 鹿児島県で作られた土製の雛人形
15 2階 民俗 祭る 住吉円錐雛 大阪府の住吉で作られた土製の雛人形
16 2階 民俗 祭る 山口大内人形 山口県で作られた木彫りの雛人形
17 2階 民俗 祭る 博多張子内裏雛起上り 福岡県の博多で作られた張子の雛人形
18 3階 美術・工芸 洋画 曽山幸彦筆
「雁」
サン・ジョバンニに師事する。
曽山に学んだ画家は,藤島武二,和田英作,岡田三郎助などがいる。
19 3階 美術・工芸 洋画 ラファエル・コラン筆
「ラコティス」
ピエール・ルイズ著の小説『アフロディテ』に提供した中の第3編-3「ラコティス」の挿絵原画
20 3階 美術・工芸 洋画 黒田清輝筆
「京都鴨川」
画家ラファエル・コランに入門。
「白馬会」リーダー・東京美術学校西洋画科の初代教授として,多くの後進を育てた。
21 3階 美術・工芸 洋画 藤島武二筆
「島津久治像」
宮之城島津家第15代当主で,島津久光の次男,島津久治(1841~1873)の肖像画
22 3階 美術・工芸 洋画 和田英作筆
「麦畑」
文部省の留学生としてパリに赴き,画家ラファエル・コランの指導を受けた。
昭和18(1943)年,文化勲章を受章
23 3階 美術・工芸 薩摩刀 鉈豆図 小田政方の作
24 3階 美術・工芸 薩摩刀 秋の七草図 知識兼置の作
25 3階 美術・工芸 薩摩刀 砂くぐり龍図 無銘(小野田)
26 3階 美術・工芸 薩摩刀 竜田川図 月人子斎藤富随の作
27 3階 美術・工芸 薩摩刀 獅子落し図 無銘
28 3階 美術・工芸 薩摩刀 沼に蛙図 無銘
29 3階 美術・工芸 薩摩刀 鉄地遊猿文透 無銘
30 3階 美術・工芸 薩摩刀 魚子地銀 無銘
31 3階 美術・工芸 薩摩刀 龍虎図 無銘(小野田)
32 3階 美術・工芸 薩摩刀 縄巻十字 無銘
33 3階廊下 美術・工芸 日本画 谷口午二筆
「紙雛・さつま内裏びな」
日本でもめずらしい,古い形式の三月節句人形
34 3階廊下 美術・工芸 日本画 谷口午二筆
「裸麦」
穂の丸い麦。大麦の一種である。
35 3階廊下 美術・工芸 日本画 谷口午二筆
「春駒の画・平佐焼色絵焼酎ちょか」
平佐焼色絵の焼酎ちょかに春駒が表現され,片面は柳や桜が花盛りを迎えている。
36 3階廊下 美術・工芸 日本画 谷口午二筆
「紫鈴蘭」
作者が琉球旅行の際に見た,ツユクサ科の観葉多年草。「紫の露草」と作者は呼んでいた。
37 3階廊下 美術・工芸 日本画 谷口午二筆
「宇治川先陣・佐々木高綱・池月の帖佐人形」
「池月」という名馬を争った武将の物語。五月の節句の武者人形と同由来と考えられる。
38 3階廊下 美術・工芸 日本画 谷口午二筆
「東郷町の人形浄瑠璃」
江戸時代に,農民たちのために,東郷の郷士によって演じられた人形浄瑠璃
39 3階廊下 美術・工芸 日本画 谷口午二筆
「曾我どんの傘焼き」
”健児の舎”三大行事の一つ。兄弟による父親の敵討ちがもととなっていると伝えられている。

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

歴史資料センター黎明館学芸課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?