更新日:2016年8月31日

ここから本文です。

展示替え情報(平成28年7月)

平成28年7月26日に展示替えを行いました。詳細は,以下のとおりです。

No. 展示場所 展示部門 展示分野等 資料名 備考
1 1階喫茶「桜」 美術・工芸 洋画 日高蔀筆風景 中種子町出身の画家。フランスを拠点とし,ヨーロッパ芸術文化賞など名誉ある賞を多く受賞している。
2 1階喫茶「桜」 美術・工芸 洋画 葛迫幸平筆ダンテ 第57回(2002年)南日本美術展において第14回吉井賞を受賞
3 1階喫茶「桜」 美術・工芸 洋画 餅原宣久筆時感-今 第55回(2000年)南日本美術展において第13回パリ賞を受賞
4 2階 歴史 玉里島津家資料 島津忠経筆和歌 島津忠経は玉里島津家初代久光の後継者とされていたが,早世した。
5 3階 美術・工芸 薩摩刀 太刀:銘国綱 京都・山城で作刀されたもので,加治木島津家伝来の太刀である。
6 3階 美術・工芸 薩摩刀 太刀:銘波平吉行(波平系) 刃文は,直刃調で,15世紀末までの波平の特長をよく表している。第二次世界大戦後に連合軍に接収された赤羽刀の一つ
7 3階 美術・工芸 薩摩刀 刀:銘波平安信作(波平系) 室町時代・文明年頃に作られた。赤羽刀の一つ
8 3階 美術・工芸 薩摩刀 脇指:銘肥州河尻住波平くらんど(波平系) 肥後国河尻(現:熊本市川尻)に居住した波平の分派・河尻波平の作。赤羽刀の一つ
9 3階 美術・工芸 薩摩刀 脇指:銘波平大和守安国(波平系) 波平本家の58代目
主馬首一平安代の師で,藩御用の刀剣も多く打った。
10 3階 美術・工芸 薩摩刀 刀:銘大和守波平安行(波平系) 波平57代目で,伊豆守正房の門人
11 3階 美術・工芸 薩摩刀 刀:銘薩藩臣奥元平(奥系) 正幸と並ぶ鍛刀界の第一人者。尾張家の抱工元長や会津の藩工元興なども元平に学んだ。
12 3階 美術・工芸 薩摩刀 脇指:銘薩州鹿児嶋住藤原正房(丸田系) 赤羽刀の一つ。丸田系の三代目正房の作
13 3階 美術・工芸 薩摩刀 刀:銘主水正正清在銘(宮原系) 5代,若しくは6代正房である。
天保13(1842)年,正清の刀に樋(ひ,溝)を彫り,刀を短くしている。
14 3階 美術・工芸 薩摩刀 刀:銘主馬首一平安代(玉置系) 主水正正清とともに上京し,その技量を認められた。茎に「一ツ葉葵紋」を切ることを許された。

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

歴史・美術センター黎明館学芸課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?