更新日:2017年8月3日

ここから本文です。

展示替え情報(平成29年7月)

平成29年7月25日に展示替えを行いました。詳細は,以下のとおりです。

 

No.

展示場所

展示部門

展示分野等

資料名

備考

1

1階

原始・古代

弥生文化

鹿児島県広田遺跡出土品(広田遺跡C地区11号人骨出土貝製品) 平成28年度に保存修理を行った,広田遺跡(南種子町)出土の,オオツタノハ製貝輪・ツノガイ珠・イモガイ珠など
2

1階

原始・古代

弥生文化

成川遺跡出土山ノ口式土器(甕・壺) 成川遺跡(指宿市山川)から出土した,弥生時代中期の山ノ口式土器の甕と壺
3

1階

ロビー

洋画

和田香苗筆バイオリンの少女 和田英作の実弟で,光風会や日展で活躍した香苗が描いた人物画
4

1階

総合案内横

日本画

松井黎光筆美人図 鹿児島出身の日本画家・松井が描いた美人画
5

1階

1階喫茶「桜」

木彫

宮薗広幸作ぽぽぽ 第62回南日本美術展で,海老原賞を受賞した宮薗の木彫作品
6

1階

1階喫茶「桜」

日本画

駒井敏行筆ひなげし 第63回南日本美術展で吉井賞を受賞した駒井が描いたひなげし
7

1階

1階喫茶「桜」

洋画

文田哲雄筆白い船・少女・天使Ⅱ 第76回二科展に出品された,文田が描いた人物画
8

2階

歴史

特別陳列コーナー

島津又七郎(豊久)宛豊臣秀吉朱印状 島津豊久が朝鮮在陣中,豊臣秀吉から賜った書状
9

2階

歴史

特別陳列コーナー

島津豊久持参木杯 島津豊久が朝鮮在陣の際,持参していたとされる木杯

10

2階

歴史

特別陳列コーナー

島津家久(忠恒)書状中務太輔(島津豊久)宛 庄内の乱で活躍した島津豊久が島津家久からもらった感状
11

2階

歴史

特別陳列コーナー

島津豊久筆断簡(「三国筆苑」)パネル 島津豊久と押紙がしてある断簡
12

2階

歴史

特別陳列コーナー

島津豊久御鎧御寺納書付 永吉島津家領主・島津久芳が島津豊久の鎧と一緒に天昌寺に奉納したもの
13

2階

歴史

玉里島津家

岸岱筆夏小屏風秋虫撰 岸岱は,岸派の2代目として活躍し, 江戸時代後期を代表する京都の絵師。特に花鳥や人物,山水を得意とした。
14

2階

歴史

玉里島津家

島津田津子所用黒塗虫籠 島津田津子は,玉里島津家2代・島津忠済の夫人。虫籠は,主に鈴虫などの虫の音を聞くための観賞用に用いられた。
15

2階

歴史

玉里島津家

花瓶付行灯形虫籠 薩摩焼の花瓶に草花を生け,その上部の網籠で鈴虫を飼う,風流な虫籠である。
16

2階

歴史

玉里島津家

久光6歳の筆によると言われる大名加留多 島津久光数え年6歳(文政5(1822)年)時の筆と伝わるもの。
17

2階

民俗

祭る

日本各地の饅頭食い 伏見人形(京都),帖佐人形(鹿児島), 尾崎人形(佐賀)
18

3階

美術・工芸

洋画

曽山幸彦筆神橋 工部美術学校でサン・ジョバンニに学び,藤島武二らの弟子をもつ曽山が描いた油彩画
19

3階

美術・工芸

洋画

床次正精筆薩摩潟 能勢一清に師事し,洋画を独学で研究した床次が描いた油彩画
20

3階

美術・工芸

洋画

黒田清輝筆京都鴨川 東京美術学校西洋画科の初代教授で,日本の洋画界をリードした黒田が描いた風景画
21

3階

美術・工芸

洋画

藤島武二筆北国の春 黒田清輝,平山東岳,曽山幸彦らに師事した藤島が描いた風景画
22

3階

美術・工芸

洋画

和田英作筆室内(伯林) 垂水市の生まれで,黒田清輝らに師事した和田が描いた油彩画
23

3階

美術・工芸

洋画

有島生馬筆桜桃 二科会,一水会を創立した有島が描いた静物画
24

3階

美術・工芸

洋画

時任鵰熊筆果実 東京美術学校で黒田清輝に師事し,その後,鹿児島で教師を務めながら活躍した時任が描いた静物画
25

3階

美術・工芸

洋画

大牟礼南島筆風景 西之表市に生まれで,現:鹿児島県立甲南高等学校などの図画教師として活躍した大牟礼が描いた風景画

 

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

歴史・美術センター黎明館学芸課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?