更新日:2017年11月1日

ここから本文です。

展示替え情報(平成29年10月)

平成29年10月25日までに展示替えを行いました。詳細は,以下のとおりです。

黎明館学芸員のオススメ資料

 

黎明館学芸員オススメ

里島津家資料にみる「三国志」

戸時代,庶民の間でも,「三国志」はよく知られていました。元禄2~5(1689~1692)年に『三国志演義』を完訳して刊行された湖南文山『通俗三国志』は,多くの人々に読まれ,親しまれました。また,池田東籬亭がこれを校訂して葛飾泰斗(北斎の弟子)が挿絵を描いた『絵本通俗三国志』(天保7~12(1836~1841)年刊行)は,「三国志」の普及に一役買っています。この他,歌舞伎や人形浄瑠璃でも,「三国志」をモチーフにした作品がつくられ,庶民の人気を博しました。

回は,玉里島津家資料の中から,「三国志」に関連する資料を取り上げ,「平山東岳筆臥龍岡三顧之図掛幅」や「馬元欽筆関羽之図掛幅」,「趙孟頫筆赤壁賦石摺巻子」,「島津久光筆出師表巻子」などを紹介します。

 

展示替え一覧

展示替えリスト平成29年10月

展示替え一覧平成29年10月(PDF:190KB)

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

歴史・美術センター黎明館学芸課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?