ホーム > 教育・文化・交流 > 文化・芸術 > 鹿児島県歴史資料センター黎明館 > 展示 > 「分家のチカラ・弟たちの役割ー島津氏本家と支流諸家ー」

更新日:2017年9月1日

ここから本文です。

「分家のチカラ・弟たちの役割ー島津氏本家と支流諸家ー」

会期:平成29年1月31日(火曜日)〜5月7日(日曜日)

黎明館企画展「分家のチカラ」リーフ表紙画像

企画展「分家のチカラ・弟たちの役割」リーフレットPDF(A4×2枚)(PDF:632KB)

開催に当たって

鎌倉時代以来の,薩摩(さつま)・大隅(おおすみ)・日向(ひゅうが)三箇国(三州(さんしゅう))守護(しゅご)の自負(じふ)を持つ島津氏には,有力な分家が生まれ,それぞれ支流(本家から分かれた家の系統)を形成しました。一方,島津氏本家の家督は,必ずしも安定していたわけではなく,室町時代には,兄の家から弟の家へ,又は支流の家へと,大きな交替がありました。戦国期に三州の支配を実現したのは,島津氏本家の家督を継いだ,相州(そうしゅう)家島津貴久(たかひさ)の子である義久(よしひさ)と,義弘(よしひろ),歳久(としひさ),家久(いえひさ)の四兄弟です。義久の弟たちは,それぞれ大きな役割を果たし,新たな家を興しました。豊臣政権の下で,兄の久保(ひさやす)の死去により後継者とされ,江戸時代の初代藩主となった家久(いえひさ)(忠恒(ただつね))以後も,藩主の弟を祖とする新たな分家が生まれます。11代藩主である兄の斉彬(なりあきら)の死去後,薩摩藩を代表して幕末期の政治に重要な役割を担ったのは,弟の久光(ひさみつ)です。久光の功績により,明治時代には,新たに玉里(たまざと)島津家が樹(た)てられました。本企画展では,12世紀末から19世紀後期に至る,島津氏本家と支流諸家の歴史,本家の弟たちの果たした役割を紹介します。

序章島津氏本家の家督

島津氏は,鎌倉幕府を開いた源頼朝(みなもとのよりとも)の御家人(ごけにん)忠久(ただひさ)を初代として,江戸時代まで一貫して南九州に存続しました。この間,多くの分家が生まれ,支流を形成します。一方で,本家の家督をめぐる対立と交替の歴史がありました。

第一章島津家支流諸家

島津家本家から分かれた家は,それぞれ支流を形成します。ここでは,鎌倉時代後期以降,室町時代から戦国期にかけて,本家の動きと,その間に生まれた支流諸家の関係資料を展示します。

第二章島津義久と弟たち

15代貴久には,長男義久と,次男義弘・三男歳久・四男家久の四兄弟の息子がいました。ここでは,統一政権である豊臣・徳川政権と向き合わざるをえなかった,16代義久と義弘ら弟たちを中心に紹介します。

第三章江戸時代の分家

18代・初代藩主家久は,幕府への対応や,後継者問題,家臣団の統制に苦慮しました。江戸時代の本家からは,加治木家や花岡家が分かれます。再興された家には,越前(えちぜん)重富(しげとみ)家などの家がありました。これらの分家を含み,本家を中心とした薩摩藩の家格が形成されます。

第四章島津久光と玉里島津家

玉里島津家は,明治4(1871)年,島津久光を元祖として新たに樹(た)てられた家です。兄の28代・11代藩主斉彬の遺志を受け継ぎ,薩摩藩を統率して中央政局に大きな影響を与えた久光の足跡について紹介します。

終章桂久

最後に,島津氏支流の日置(ひおき)島津家出身で,同じく支流の桂(かつら)家に養子として入った,桂久武(ひさたけ)関係の資料を取り上げます。

会場

黎明館設展示場3画展示室

開館時間

9時00分~18時00分(入館は17時30分まで)

休館日

毎週月曜日(3月20日は祝日のため開館,5月1日は臨時開館),3月21日,4月25日(館内整理日)

入館料

常設展示の入館料で御覧になれます。

一般:310円(230円)高校・大学生:190円(120円)小・中学生:120円(60円)

内は20名以上の団体入館料

身体障害者手帳,療育手帳及び精神障害者保健福祉手帳の提示のあった方と,その介護者1名は,免除

県内の小・中学校,高等学校,特別支援学校の児童生徒と,その引率者については,教育課程等に基づく学習活動として入館する場合は免除(事前申請が必要)

関連行事

企画展解説講座(学芸講座を兼ねる。)

日時:2月12日(日曜日)13時30分~15時00分

会場:黎明館3講座室(80席)

講師:黎明館学芸課長

申込み:不要

受講料:無料(講座終了後,展示室で解説を行います。その際は,常設展示団体入館料が必要です。)

展示解説(各45分程度)

日時:2月26日(日曜日)10時15分~11時00分

3月26日(日曜日)10時15分~11時00分

4月23日(日曜日)10時15分~11時00分

会場:黎明館常設展示場3企画展室

講師:黎明館学芸課長

申込み:不要(常設展示入館料が必要です。)

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

歴史資料センター黎明館学芸課

電話番号:099-222-5100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?