更新日:2017年12月19日

ここから本文です。

鹿児島(鶴丸)城跡発掘調査速報展

鹿児島(鶴丸)城跡発掘調査速報展

平成26年度から開始した,鶴丸城跡保全整備事業に伴う発掘調査では,これまで多くの瓦や陶磁器などが出土しています。今回の展示では,これらの中から鬼瓦や鯱瓦などの特徴的な資料を展示するとともに,関連する遺跡の資料などもあわせて紹介します。

鹿児島(鶴丸)城跡出土品:1階ロビー

1階ロビーで展示している主な資料は次のとおりです。

  • 瓦類(鬼瓦,鯱瓦,軒丸瓦,軒平瓦など)
  • 陶磁器類(家紋入り薩摩焼,琉球系陶器など)
  • 金属製品(銃弾)
  • 石製品(銅像プレート)
  • ガラス製品(瓶など)

城と城下の遺跡を紹介:3階ロビー

3階ロビーで展示している主な資料は次のとおりです。

  • 鹿児島(鶴丸)城跡(薩摩焼,肥前系陶磁器など)
  • 竪野(冷水)窯跡(薩摩焼)
  • 垂水・宮之城島津家屋敷跡(陶磁器など)
  • 寿国寺跡(木製品など)

「鶴丸城御楼門」模型:1階ロビー

日本銀行鹿児島支店が廃札を利用して作成した「鶴丸城御楼門」模型を期間限定で展示します。

展示期間は平成29年12月23日から平成30年1月31日までです。

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

歴史資料センター黎明館学芸課

電話番号:099-222-5100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?