ホーム > 県政情報 > かごしまの紹介 > 錦江湾 > 海とのふれあい体験 > 平成21年度「あこがれ」セイル・トレーニングを実施しました

更新日:2009年12月3日

ここから本文です。

平成21年度「あこがれ」セイル・トレーニングを実施しました

実施日

平成21年11月21日(土) 9:30~16:00

参加者

一般公募により決定した50名

航路

鹿児島港本港区北埠頭~錦江湾喜入沖~鹿児島港本港区北埠頭
所要時間 約5時間30分

天候

曇り

概要

 週間天気予報が気になる週末ではありましたが,当日は曇り空,波は錦江湾らしい穏やかな状態でした。気温は鹿児島にしては低めだったかな。
 
 鹿児島では,ここ数日インフルエンザが爆発的な増加傾向にあり,当日も数名の欠席がありましたが,そのほかの参加者は元気いっぱい,北ふ頭に集まってくれました。残念ながら今回来れなかった皆さんは,次の機会にお待ちしていますね。
 
 午前10時。岸壁で5つのグループに分かれた参加者は次々と「あこがれ」に乗船し,船上で乗船式が行われました。船長さんのあいさつ,クルー,ボランティアの方々の紹介があり,皆さん気さくな方々で,はじめての参加者たちも一安心。しかし,船の注意事項になると一気に引き締まりました。この時点で気分は「船乗りさん」です。
 
 10時15分,船の出航に際し鳴らすドラを,じゃんけんで勝ち取った小学生が高らかに鳴らします。いよいよ出航。
 
 まずはエンジン動力で湾内を航行。参加者はデッキにて記念撮影の後,グループごとに分かれ,ニックネームを書いた名札を作成。船ではすべてニックネームで呼び合います。その後は船内見学。居住区,ギャレー(厨房),操舵室などを見て回り,操舵室では船の傾斜角を示す計器などに驚いている様子でした。
乗船の様子
 船は順調にマリンポートかごしま沖に進み,ここから展帆作業に入ります。今回は4枚の帆を張ることとなりました。
 北よりの風が吹き,南への帆走にはいいコンディションです。みんなで「ツー・シックス・ヒーブ」のかけ声とともに大きな帆が開きはじめます。
  「あこがれ」には全部で13枚の帆があり,デッキにはそれぞれに必要なロープがいっぱいあります。展帆完了の後も決まりを守ってロープをしまいます。規則正しく整理されているからこそ,素早く行動できるんですね。
展帆作業
 みんなの力で4枚の帆が開きました。全員が風を受ける帆を感慨深げに見上げます。ここから風を受けての帆走に入りました。速度は3~4ノット,人が歩くくらいのスピードでしょうか。穏やかな錦江湾をゆっくりゆっくり走ります。船の傾斜も2~3度,ほとんど揺れは感じません。参加者は昼食までの間は自由時間,新しい友達と話をしたり,指を使ったゲームで遊んだり,思い思いに過ごします。
 
 さあ,待ちに待った昼食です。メニューは貝の入ったシーフードカレー,サラダ,果物です。それぞれセルフで自分の好みの量を取ります。船酔いを気にしていた子供たちも,揺れがないことに一安心してモリモリ食べます!!
 天気がよければ外で食べるカレーも格別だったんだけどね。
 
 13時。船は順調に進み,喜入の石油備蓄基地が見えてきました。これから畳帆作業に入ります。
 参加者も,もう立派なクルー。一段と大きな声で「ツー・シックス・ヒーブ」。みるみるうちに大きな帆が畳まれます。
昼食,畳帆
 4枚の帆も無事に畳み終わり,船は徐々に転蛇。エンジン航行に切り替え鹿児島港に向かいます。桜島も右舷に見えてきました。
 これから参加者は,大きく2組に分かれロープワークと船の先端渡りを交代で行います。
 
 船の先端にはマストを張るために必要な棒がついていて,角のようです。専門用語で「バウスプリット」といいます。
 落下防止のためネットは張ってありますが,下は海。度胸試しのようでもあります。
 高所恐怖症の子供,もう一度やってみたいという子供など様々でしたが,みんな安全ベルトを装着して無事に渡り終えました。帆船ならではの体験,みなさんどうでしたか?
 
 一方ではロープワーク。帆船ではロープを使います。結び方,片付け方など,特殊なものもあります。今回は日常でも使えるロープの結び方を教えてもらいました。クルーのてきぱきとしたロープワークはまるで手品のよう。みんな覚えたかな?
ロープワーク
 午後2時30分。鴨池新町の県庁が見えてきました。航海もあと少しです。ここでお世話になった船の掃除をします。
 掃除はデッキ磨き。椰子の実を半分に割った「天然たわし」で擦ります。みんなで「わっしょい,わっしょい」。擦った後を水で流すと,泥水になりました。結構きれいになります。
 真ちゅう磨きもあります。また再会できるようにきれいにしましょう。
 
 だんだん鹿児島港の「かごしま水族館」の屋根が見えてきました。天候も大きく崩れることもなく,セイル・トレーニングも終了。接岸までは,各グループをお世話くださったクルーやボランティアの方々と最後のミーティング。
 接岸後は,船長さんから今回の航路の説明があり,お礼のあいさつのあと,下船しました。
 
 参加者は,ほんの数時間でしたが,全く知らなかった人たちとグループになり,一緒の作業をし,友達になりました。これからも,仲間を大事にそれぞれの生活で今回の体験を生かしてくださいね。
掃除,下船

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

企画部地域政策課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?