ホーム > 県政情報 > かごしまの紹介 > 錦江湾 > 海技教育機構練習船 > (平成27年度)航海訓練所練習船「海王丸」でシップスクールが実施されました!

更新日:2016年2月22日

ここから本文です。

(平成27年度)航海訓練所練習船「海王丸」でシップスクールが実施されました!

将来,船舶船員を目指す学生の実習船である,独立行政法人航海訓練所の練習船「海王丸」が,航海訓練の途中,鹿児島港に寄港(平成28年2月4日~2月8日)しました。
「海王丸」は,航海訓練所が運航している5隻の練習船のうちの1隻で,将来,日本の海運界の担い手となる船舶船員を目指す学生への,高度な知識技能の習得及び心身の錬磨等を目的として,2代目海王丸として平成元年9月に建造されました。世界最大級の帆船「日本丸」の姉妹船で,日本丸をしのぐ帆走性能を持っています。

この「海王丸」の船内で,子どもたちを対象としたシップスクールが実施されました。
参加した皆さんは,船内を見学しながら船の仕組みを学んだり,ヤードを回転させる体験をしたりと,船についての知識を深めながら楽しんでいた様子でした。

日時及び場所

日時:平成28年2月6日(土曜日)午後1時~3時
場所:鹿児島港本港区北ふ頭1号岸壁(海王丸係留地)

参加者

14名(一般公募による参加)

目的

子どもたちの海や船に対する理解を深めてもらう

主催等

主催…独立行政法人航海訓練所
協力…錦江湾みらい総合戦略推進協議会(県,湾岸8市町,関係7団体で構成)

内容

船内見学
学した場所:エンジンコントロールルーム,航海船橋,通信室,教室,甲板など

体験
容:ヤードを回転させる体験。舵を回す体験。

1乗船後,最初に船長から歓迎のあいさつがありました。

2その後,岩崎一等航海士から,海王丸や日本の船のことについて説明を受けました。

3「船内見学」エンジンコントロールルームで,海王丸の時速などについて説明を受けました。

 

4「船内見学」セイルに実際触りながら,セイルが使っているうちにだんだん柔らかくなっていくことや,すべて乗組員と実習生で手作りしていることについて説明を受けました。

5「船内見学」教室で,海図を使った授業を見学しました。

6「船内見学」甲板で,ロープにはそれぞれ名前がついていることなどの説明を受けました。

 

7「船内見学」通信室で,今回の航路などについて説明を受けました。

8「船内見学」航海船橋にある機器類について説明を受けました。

9「船内見学」甲板で,ロープを引っ張りヤードを回転させる体験をしました。息を合わせてロープを引っ張ると,少しずつヤードが動き始めました。

 

10マストを下から見上げた写真です。中央付近でクロスした棒が,子どもたちが回転させたヤードです。

11「船内見学」甲板後方で,実際に舵を回してその重さを確かめました。

12見学の最後に,舵の前で写真撮影を行いました。

 

海王丸・前方より

海王丸・後方より

関連リンク

独立行政法人航海訓練所ホームページ(外部サイトへリンク)

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

企画部地域政策課

電話番号:099-286-2424

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?