ホーム > 県政情報 > かごしまの紹介 > 錦江湾 > 海技教育機構練習船 > (平成27年度)航海訓練所練習船「大成丸」にてシップスクールが実施されました!

更新日:2016年1月21日

ここから本文です。

(平成27年度)航海訓練所練習船「大成丸」にてシップスクールが実施されました!

将来,船舶船員を目指す学生の実習船である,独立行政法人航海訓練所の練習船「大成丸」が,航海訓練の途中,鹿児島港に寄港(平成28年1月16日~1月20日)しました。
「大成丸」は,航海訓練所が所有し運航している5隻の練習船のうちの1隻で,国内海上輸送を担う内航海運業界が待望する,即戦力となる優秀な新人船員を育成するため,平成26年4月に就航した最も新しい練習船です。

この「大成丸」の船内で,子どもたちを対象としたシップスクールが実施されました。
参加した皆さんは,日本船長協会の現役船長から,船の種類や船が私たちの生活の中でどんな役割を果たしているかなどについての話を聞いたり,「船内見学」でシミュレータの操作体験をしたりと,船についての知識を深めながら楽しんでいた様子でした。

日時及び場所

日時:平成28年1月17日(日曜日)午後1時~3時
場所:鹿児島港本港区北ふ頭1号岸壁(大成丸係留地)

参加者

12名(一般公募による参加)

目的

子どもたちの海や船に対する理解を深めてもらう

主催等

主催…独立行政法人航海訓練所
協力…錦江湾みらい総合戦略推進協議会(県,湾岸8市町,関係7団体で構成)

内容

船内見学
学した場所:機関室,航海船橋,実習船橋,無線室,船長室

(一社)日本船長協会現役船長の講演
演の内容:船の種類や特徴,荷物の運び方,船が私たちの生活にどんな役割を果たしているか,船の特性(長さ,幅,喫水,速さ,機能など),船員の仕事,役職の見分け方など

1乗船後,最初に船長に歓迎の花籠を渡しました。

2現役船長の講演の様子です。子どもたちは,クイズに答えながら講演を聞きました。

3船員について,通常の乗員数が意外に少ないことや船内での仕事の内容について説明を受けました。

 

4「船内見学」機関室内に入って説明を受けました。

5「船内見学」機関室内で主機(メインエンジン)の説明を受けました。

6「船内見学」航海船橋で,実際に航海で使われる双眼鏡の見え方を確認しました。

 

7「船内見学」航海船橋で海図の見方の説明を受けました。

8「船内見学」実習船橋にあるシミュレータの操作を体験しました。

9「船内見学」シミュレータの画面を見ながら,目的地を確認します。

 

10「船内見学」船長室で,船長の席に座らせてもらいました。

11船内見学後,子どもたちからはたくさんの質問が出ていました。

12最後に,講演や船内案内をしてくださった皆さんと記念撮影をしました。

 

大成丸・前方より(昨年度寄港時)

大成丸・後方より(昨年度寄港時)

関連リンク

独立行政法人航海訓練所ホームページ(外部サイトへリンク)

一般社団法人日本船長協会ホームページ(外部サイトへリンク)

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

企画部地域政策課

電話番号:099-286-2424

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?