ホーム > 県政情報 > かごしまの紹介 > 錦江湾 > 海とのふれあい体験 > 平成20年度帆船「あこがれ」セイル・トレーニングの実施状況

更新日:2012年10月5日

ここから本文です。

平成20年度帆船「あこがれ」セイル・トレーニングの実施状況

  • 期日:平成20年11月1日(土曜日)10時15分出港,15時30分着岸
  • 場所:鹿児島港本港区北ふ頭~錦江湾上(喜入沖往復)
  • 内容:セイル・トレーニング(船内見学,展帆作業,ロープワーク,船の先端チャレンジ,畳帆等)
  • 乗船者:45名(一般公募等による)
 
(経過)
前日の雨も上がり,心配された天候も問題なく,受付に遅れた方(2名)がいたが,出港には間に合い,45名全員が乗船して無事北ふ頭を出港しました。参加者は6班に分かれ,船内を見学しながらボランティアの担当リーダーから船についての説明を受け,作業に向け準備を行いました。
谷山沖までエンジンを使い自走し,11時頃から2組に分かれ,前方の帆を2枚と中央の大きな帆を張る展帆作業を行いました。展帆後,「あこがれ」は帆走に移りましたが,天気が良く,波は穏やかで風もほとんどなく,帆走している感じはあまり感じられませんでした。
昼食のメニューは,カレーライス・サラダ・果物。天気が良かったので,多くの方がデッキで食事する様子が見られました。また,休憩時間には,イルカの群れが船の前方を横切る風景が見られました。なかなか見ることのできない風景であり,参加者はもちろん,船のクルーたちも感激していました。
午後からは,船の先端チャレンジに挑戦しました。船の先端は海上に突き出しており,ネットは張ってありますが,一歩間違えれば海に転落するおそれがあり,説明するクルーの真剣さが参加者にも伝わり,緊張の中,全員がチャレンジし,無事終了しました。
14時30分頃から「畳帆」作業が行われ,午前中に張った帆が畳まれました。少し風が出てきていたので,もう少し帆走を体験したい気分でした。畳帆作業終了後,乗船の記念に参加者とクルーが一緒に全員写真を撮影しました。寄港までの間は自由時間が設けられ,ロープで遊ぶ者,デッキ磨きを体験する者などそれぞれが残り少ない「あこがれ」での時間を過ごしていました。
予定どおり15時30分に北ふ頭に着岸し,下船式が行われました。下船式後,参加者はクルーに見送られ,「あこがれ」を下船しました。船酔いで体調を崩す者,事故・怪我もなく,無事終了しました。
帆船「あこがれ」セイル・トレーニング(その1)
帆船「あこがれ」セイル・トレーニング(その2)

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

企画部地域政策課

電話番号:099-286-2424

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?