更新日:2007年12月5日

ここから本文です。

5 種子島地域

(1) 国土保全施設の整備

ア 河川

本地域の2級河川は,郡川,鹿鳴川,向井川,阿嶽川,湊川等13河川がある。これらの河川はいずれも流路が短く,降雨が短期間に集中すると急激に増水するため河川が氾濫し,人家,耕地等に大きな災害をもたらしてきた。このため,緊急性の高いものから逐次河川改修事業を実施し災害の防止に努めている。
郡川は平成7年度,鹿鳴川は平成10年度までに改修事業を完了している。また,川脇川は,平成7年度から平成13年度までに改修事業を完了し,湊川の中流部,甲女川の下流部については平成13年度までに完了し,湊川上流部は平成13年度から,甲女川上流部・中流部は平成14年度から改修事業を実施中である。
市町村が管理する準用河川は,平成3から13年度で焼野川(南種子町)の改修事業を完了しており,昭和63年度から苦浜川(中種子町),平成8年度から浜川(中種子町)の改修事業を実施中である。

イ 砂防

種子島の中部から南部にかけては,砂岩,泥岩からなる段丘台地が開けており,この台地から数本の河川が下り,海岸近くにはかなりの平野を造りあげている。これらの地区においては,河川の蛇行が大きく,破壊しやすい土質も加わって,一度に多量の降雨に見舞われると,台地からの土砂流出等による災害が発生しやすく被害も大きい。
このため,災害を未然に防止し,人家耕地等の保全を図るため,山神川,向井川,湊ノ小川,軍場第2川等で通常砂防事業により堰堤工,渓流保全工等を,また仲之町地区で地すべり対策事業によりアンカー工等を実施し,土砂災害の未然防止に努めた。

ウ 治山

本地域は台風の常襲地帯であり,冬季の季節風時の波浪も激しいことから,海岸線における防災林の造成及び山地治山事業等を積極的に実施している。
また,西之表地区では平成5年度から平成8年度までに,生活環境保全林整備事業に取り組み,保安林の持つ機能を多目的かつ高度に発揮させるための整備を図った。

エ 海岸保全

本地域は,外海に位置し,台風常襲地帯であり,また冬季の季節風時の波浪も激しいことから,海岸保全事業の必要性が高い。このため背後地の保全目的に沿って河川局海岸保全事業,港湾海岸保全事業,漁港海岸保全事業を実施している。
河川局海岸事業では,花里,枚川,島間,安納地区を護岸及び離岸堤の整備を局部改良事業で実施し,環境整備事業で浜田地区の緩傾斜護岸を整備した。
港湾海岸事業では,浜津脇港地区,大久保港地区で局部改良事業により,防潮堤及び離岸堤等を整備した。また,西之表港地区で海岸環境整備事業により突堤,護岸,遊歩道等を整備中である。更に牧川港地区では,高潮対策事業により,護岸を整備中である。

(2) 交通基盤の整備

ア 道路

本地域は,西之表港から中種子町野間を経て南種子町島間港まで種子島を南北に縦断する主要幹線道路の国道58号や,現在建設中の新種子島空港と重要港湾西之表港とをアクセスする主要地方道野間十三番西之表線と島の東岸を走る主要地方道西之表南種子線の2路線と野間島間港線等の一般県道7路線により道路網を形成している。
国道については,これまでの整備の結果,改良率は99.5%となっており,これまでの整備によりほぼ概成している。
県道については,これまでの整備の結果,改良率は87.2%となっており県全体の県道の改良率75.3%を上回っているが,野間島間港線や国上安納線は未改良区間が多く残っており,西之表南種子線については急カーブや幅員狭小箇所等が多数あるため,整備を進めているところである。また,野間十三番西之表線については平成5年度に主要地方道に昇格したことから,新種子島空港建設計画にあわせ整備を進めてきたところである。その他の路線についても,種子島においては幹線となる道路網を形成しているため,計画的な整備を進めていくこととしている。
また,市町村道については,主な整備路線として,2級市道十三番鞍勇線,2級町道野間阿高磯線,1級市道国上西之表線,1級町道上中西之線,1級町道上中下中線等がある。住民に密接する生活路線として整備を進め,隘路区間の解消及び舗装工事を進めている。

道路現況(平成13年度末) (単位:m,%)

区  分

実延長A
規格改良

済延長B
うち  

5.5m以上C
    
改良率B/A
5.5m以上

改良率C/A

舗装延長D
 舗装率

D/A
一般国道   49,494   49,264   49,037   99.5    99.1   49,384   99.8
 主要地方道  115,892  102,145   87,097   88.1    75.2  112,336   96.9
 一般県道   65,512   55,963   45,555   85.4    69.5   59,166   90.3
県 道 計  181,404  158,108  132,652   87.2    73.1  171,502   94.5
国県道計  230,898  207,372  181,689   89.8    78.7  220,886   95.7
市町村道  804,684  548,441  239,444   68.2    29.8  715,508   88.9
道 路 計 1035,582  755,813  421,133   73.0    40.7  936,394   90.4
出典:平成14年度道路現況調書(平成14年4月1日現在)

イ 街路

近年の市街地中心部への人口,産業の集中に伴う交通量の増大に対処するため,積極的に街路事業を実施してきた結果,平成4年度末の整備率67.1%から,平成13年度末では84.9%となっている。
西之表市では中央線,鴨女通線,中種子町では旭町通線,上方通線,南種子町では御開通線,山崎通線の整備促進に努め,うち御開通線, 鴨女通線が完成した。

ウ 港湾

本地域の港湾は,重要港湾として西之表港,地方港湾として田之脇港,浜津脇港,島間港の県管理港湾4港のほか,種子島に伊関港,増田港,田尻港等13港,馬毛島に椎ノ木港等3港の市町村管理港湾がある。
種子島の玄関港である西之表港は,昭和28年度に改修事業に着手し,昭和35年7月に重要港湾に指定された。その後,貨物量や乗降客の増大に合わせ防波堤,岸壁等の整備を進めてきており,現在は,西之表港港湾計画に基づき,熊毛地域の人流・物流の拠点港として賑わいと潤いのある空間づくりを図るため防波堤,岸壁等の整備を引き続き進めている。
田之脇港は,種子島の東海岸に位置し,昭和50年度から改修事業を進め,平成10年度までに岸壁,物揚場,船揚場等が完成し,その後,平成12年度までに防砂堤等の外郭施設を整備し終了した。
浜津脇港は,種子島のほぼ中央部に位置し,昭和34年度から改修事業を進めており,防波堤等の外郭施設の整備を進めている。
島間港は,種子島南部に位置し,昭和28年から局部改良事業,昭和31年度から改修事業を行い,屋久島とを結ぶ定期船の寄港港として,また,建設資材,生活雑貨等の搬出入港として防波堤,岸壁,物揚場,道路,船揚場等の整備を進めてきている。また,種子島宇宙センターのロケット機材搬入港としても重要な役割を果たしている。
市町村管理港湾については,改修事業,局部改良事業(平成12年度より統合補助事業)により漁船対策施設の整備を進めてきた。

港湾の整備状況  (単位:m)
  
港湾名

種別
管理者
平 成 4 年 度 末 平 成 14 年 度 末
岸 壁 物 揚 場
防波堤
接岸能力及び
バ-ス数
岸 壁 物 揚 場
防波堤
接岸能力及び
バ-ス数
水深 延長 水深 延長 水深 延長 水深 延長

西之表

重要
-7.5
-5.5
130
360
-4.0
-3.0
-2.0
270
172
477
   
2,200
5,000D/W 1B
2,000D/W 4B
-7.5
-5.5
130
475
-4.0
-3.0
-2.0
270
172
657
   
3,040
5,000D/W 1B
2,000D/W 5B

田之脇



地方



-5.5

90

-2.0

170

401

2,000D/W 1B

-5.5

90

-2.0

170

573

2,000D/W 1B

浜津脇

-5.5

90

-2.0

120

520

2,000D/W 1B

-5.5

90

-2.0

120

1,130

2,000D/W 1B

島 間
  
-5.5
 
180
-4.0
-2.0
100
100
   
1103
     
2,000D/W 3B
-7.5
-5.5
220
380
-4.0
-2.0
100
130

892
10,000G/T 1B
2,000G/T 2B
2,000D/W 2B

エ 空港

種子島空港は,昭和37年7月に滑走路1,100mで供用開始し,昭和48年5月に滑走路1,500mの整備がなされ,現在,YS-11型機及びSAAB340B型機が種子島から鹿児島に1日5往復,種子島から大阪に1日1往復している。
なお,将来の航空需要の増加に対処するため,現在ジェット機の就航可能な新種子島空港の建設を推進中である。新種子島空港の整備については,平成4年度に空港設置許可を受け,事業着手しており,平成6年度からは,用地買収を進めながら本体工事に先行して整備する必要のある調整池の整備を行うなど,その後も用地取得を終えた区域から順次用地造成などの整備を行った。
さらに,用地買収については,平成14年5月に全ての用地取得を終了し,平成14年度末での事業進捗が71%となり,平成18年3月の供用開始に向け残っている用地造成や一部の滑走路新設の整備を行っている。

(3) 産業基盤の整備

ア 農業農村整備

本地域は比較的平坦で畑地が多く,さとうきびを中心に野菜,果樹,畜産等の複合経営が主体である。
生産性の向上と農業経営の安定及び近代化を図るため,県営畑地帯総合整備事業等による区画整理等のほか,農免農道・県営一般農道・団体営農道等による農道網の整備,農地保全事業等を積極的に実施した。
また,中山間地域総合整備事業により,生産基盤・環境施設等総合的な整備を西之表市西之表中部外1地区で完了したほか,種子島南部外2地区の整備を実施している。
県営畑地帯総合整備事業で実施した西京ダムの水質を保全するため,平成7年度から水質保全対策事業を実施したほか,平成8年度に開始した畑地帯総合整備事業(担い手育成型,西之表市サンシャイングリーン地区)等で畑地かんがい整備を実施し水利用による農業経営の確立を図っている。

農業基盤の整備状況 (単位:ha,km,%)

区  分
ほ 場 整 備 農 道 整 備 畑 地 か ん が い か ん が い 排 水
要整備
面 積
整備済
面 積
整備
要整備
面 積
整備済
面 積
整備
要整備
面 積
整備済
面 積
整備
要整備
面 積
整備済
面 積
整備
平成4年度末 9,595 3,464 36.1 1,658  515 31.1 4,220   587 13.9 1,734   450 26.0
平成14年度末 7,100 3,703 52.2 1,400  785 56.1 3,800   802 21.1 1,730   672 38.8


イ 草地開発

本地域は,農業が基幹産業であり,中でも畜産は肉用牛,乳用牛を中心に農業の基幹作目になっており,牧場等の整備改良,畜産環境整備などを実施してきた。
西之表市横山地区で畜産経営環境整備事業を平成9年度から実施し,ふん尿還元用の草地及び道路等の造成整備等を行い,畜産経営に起因する環境汚染の防止と畜産経営の合理化を図っている。

ウ 造林

本地域の森林面積は,25,275haであるが,そのほとんどが民有林で,そのうちスギ・ヒノキを主体とした人工林が約36%,広葉樹を主体とした天然林が約60%を占める。また,約86%が,水土保全林に位置づけされる。
これまで造成された人工林については,下刈・除間伐等保育を中心に施業を実施し,また,広葉樹を主体とした天然林については,育成複層林整備(複層林改良等)を実施し,地域内森林の水源かん養,土砂流出防止等の機能の向上が図られた。

エ 林道

林道は,多面的機能を有する森林の適切な整備及び保全を図り,生活環境の基盤整備を図るため,既設林道の舗装事業等を実施した。
当地域における林道の整備状況は,平成14年度末で37,685m,林道密度1.7m/haとなった。

オ 漁場

本地域は黒潮の影響とその海底形状から季節的な来遊魚や瀬物類の他,イセエビ等の根付資源等,比較的高級魚を対象とした漁船漁業が古くから営まれている。しかし,近年は来遊する魚類,根付け資源等も減少傾向にあり,漁業生産力は著しく低下している。
このため,人工礁漁場を造成し,点在する天然礁に連携を持たせ,これらの相乗効果により,生産性の高い新たな漁場を形成し,もって漁業生産力の増大と漁家経営の安定を図った。

全体計画 10年度 11年度 12年度 13年度 14年度 進捗率(%)
26,000 空m3 4,916 11,443 5,698 6,248 - 28,305 108.9


カ 漁港

種子島周辺海域は,トビウオ,サバ,カツオ等の好漁場に恵まれており,漁港及び関連施設の整備と相まって,水産業の振興は着実に進展している。
漁港については,漁業の拠点として,また避難港として重要な役割を果たしている住吉漁港(2種),浦田漁港(4種),熊野漁港(4種),庄司浦漁港(2種)の4港の県管理漁港のほか,種子島に13港の市町管理漁港があり,馬毛島に2港の市管理漁港がある。  住吉漁港は,種子島西岸の沿岸漁業基地として,改修事業により防波堤の整備を行い,荒天時の安全係留及び航路の安全を図った。
浦田漁港は,種子島北端の沿岸漁業基地及び避難港として,改修事業により物揚場,防波堤,用地,道路等の整備を行っており,平成5年度からは静穏な水域を確保するため,防波堤の整備を中心に行っている。
熊野漁港は,種子島南東岸の沿岸漁業基地及び避難港として,修築事業により防波堤,航路を整備して活魚出荷に必要な蓄養施設の整備,航路の安全を図り,沿岸漁業経営の長期安定化を推進した。
このほか,改修事業により,庄司浦漁港,湊漁港,能野漁港の防波堤,物揚場,泊地,道路等の整備を行い,局部改良事業で沖ケ浜田漁港,安城漁港,中山漁港,梶潟漁港,大川漁港,砂坂漁港,下西目漁港,竹崎漁港,浜田漁港の防波堤,物揚場等の整備を行った。

主要漁港の整備状況   (単位:m,平方m)

漁 港 名

管 理 者
平 成 4 年 度 末 平 成 14 年 度 末
けい留施設
泊 地

防波堤
けい留施設
泊 地

防波堤
水深 延長 水深 延長
熊  野 西之表市 +0,5
-1,0
-1,5
-2,0
 83
43
90
100
 15,215       512,8     +0,5
-1,0
-1,5
-2,0
  83
43
90
100
 15,215    557,4
花 里 崎 西之表市 -1,0   40   2,550   231,5 -1,0   40   2,550   231,5
-1,0
-2,0
  50
212,9
 18,842       639,6 -1,0
-2,0
  0
248,4
 19,853   676,9
沖ケ浜田 -1,5   18   5,413   101,9 -1,5   18   5,413   251,6
安  城 ±0,0
-1,0
  35
50
  3,494       145,6    ±0,0
-1,0
  35
50
  3,494    148 
葉  山 -1,0
-1,5
  50
40
  3,500   57    -1,0
-1,5
  50
40
  3,500    57
高  坊 ±1,3   40   1,958   170,5 +1,3   40   1,958   170,5
住   吉 -2,0  319  25,108   329,8 -2,0  319  26,773   379,8
庄 司 浦 -1,0
-1,5
  50
75
  6,581   187,2 -1,0
-1,5
  50
75
  6,581    297,2
浦  田 -2,0
-3,0
189,5
110
 24,110   334,9    -2,0
-3,0
 205
125
 24,930    398,7
中  山 中種子町 -2,0  30   4,030   253  -2,0   30   4,030  253
梶  潟 -1,0
-
  70
-
  2,673   207,7 -1,0
-2,0
  70
30
  3,512   258,6
熊  野 -1,5
-2,0
-3,0
  80
235
180
 78,403       327,9     -1,5
-2,0
-3,0
  0
345
180
 78,403    617,9
浜  田 南種子町 -1,0
-
 130
-
 11,484   80,9 -1,0
-2,0
 130
50
 14,374   196,3
竹  崎 -2,0 112,8   2,440   244,4 -2,0 167,8   5,752   229,2
下 西 目 -1,0   58   2,179   273,7 -1,0   58   2,179   334,2
砂  坂 -2,0  136   8,790   437,6 -2,0  136   8,790   437,6
大  川 -2,0   40   2,830   290,7 -2,0   75   8,315   324,2
州  崎 ±0,0
-1,0
  17
65
  3,670   226,7 ±0,0
-1,0
  17
65
  3,780    226,7

(4) 生活環境施設の整備

ア 簡易水道

本地域では,上水道を西之表市が昭和29年に,中種子町が昭和36年に創設し,水道施設の整備に努めており,中種子町及び南種子町の未普及地域については簡易水道施設整備事業を重点的に実施した。
このため平成14年度末の普及率は,西之表市98.9%,中種子町97.5%,南種子町97.8%となっている。

イ 廃棄物処理

ごみ処理施設については,平成6から7年度に南種子町が,老朽化した施設に代わり新たに焼却施設を整備した。
し尿処理施設については,平成8年度に西之表市が施設の基幹改良を行うとともに,平成13から14年度に中南衛生管理組合(中種子町,南種子町)が,処理能力30KL/日の汚泥再生処理センターを整備した。
また,種子島地域の3市町では合併処理浄化槽の整備促進を図っている。

ウ 公園

総合的な市街地の整備による都市機能の充実の一環として,地域住民のスポーツ,レクリェーションの需要増大化に対処するとともに,憩いの場の提供を図るために,都市公園事業を促進している。
西之表市のわかさ公園,中種子町の中種子中央運動公園の整備促進に努めてきたところであり,両公園とも平成10年度に完成した。
なお,種子島地域全体の1人当たりの公園面積は,平成4年度末の19.0m2/人から平成14年度末の25.2m2/人となっている。

(5) 離島振興事業による投資実績 (一括計上事業)(平成5から14年度)

(単位:千円)
区     分 事 業 費 国  費 県  費 市町村費 そ の 他
河     川
砂     防
治     山
建 設 海 岸
港 湾 海 岸
漁 港 海 岸
道     路
街     路
港     湾
空     港
漁     港
水産基盤整備
農業農村整備
(草地開発を除く。)
草 地 開 発
造     林
林     道
公     園
廃 棄 物 処 理
簡 易 水 道
  7,111,425 
3,960,305 
3,752,706 
740,600 
901,800 
907,620 
41,754,551 
5,238,303 
39,826,540 
15,943,521 
9,698,621 
1,347,613 
42,007,231 
41,974,521 
32,710 
2,789,668 
44,700 
2,448,000 
3,260,708 
2,832,320 
  2,481,703 
1,981,399 
1,859,567 
329,300 
348,350 
330,710 
23,199,205 
2,881,067 
29,764,522 
12,791,110 
6,915,567 
994,490 
22,208,320 
22,191,965 
16,355 
837,019 
22,350 
1,189,900 
1,392,014 
1,416,160 
 3,932,522 
1,978,906
1,893,139
341,310 
364,910 
440,640 
17,054,742 
1,406,235 
7,524,729 
3,152,411
1,381,116 
212,089 
14,307,883 
14,299,706 
8,177 
382,834 
4,834 

121,413 
  697,200


49,990
188,540
136,270
1,500,604
951,001
2,537,269

1,401,938
141,034
4,993,209 
4,985,031 
8,178
293,080 
17,516
1,258,100
1,747,281
1,416,160












497,819
497,819

1,276,735
合     計 184,566,232  110,962,753  54,499,733  17,329,192  1,774,554

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

企画部離島振興課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?