更新日:2007年12月5日

ここから本文です。

6 屋久島地域

(1) 国土保全施設の整備

ア 河川

屋久島の2級河川は,一湊川,永田川,栗生川,安房川等10河川があるが,そのほとんどの河川が,急流をなし,雨量も多く平地で年間4,000mm,山頂部で10,000mmを超すといわれており,洪水の危険も大きいため緊急度の高いものから逐次河川改修事業を実施してきた。
一湊川,栗生川,安房川,志戸子川は平成4年度までに,また永田川は平成11年度までに改修事業を完了している。
市町村が管理する準用河川は,長間川(屋久町),江之川(屋久町)等があり,長間川,江之川については,平成4年度までに改修事業を完了している。

イ 砂防

屋久島は,宮之浦岳をはじめとして,急峻な山岳からなり,降雨量も多く,また,河川は短小急流なため土砂流出による災害が発生しやすく,被害も大きい。
このため,平内川,泉川,中間第3小川,土面川等の通常砂防事業により,堰堤工,渓流保全工等を実施し,土砂災害の未然防止に努めた。

ウ 治山

本地域は,急峻な山岳からなり,降雨量も多いことから,荒廃山地と荒廃危険山地が多く,その整備が特に必要である。このため山地治山事業等を重点的に実施し,災害の未然防止に努めている。

エ 海岸保全

季節風や台風等による波浪により海岸の侵食が激しいことから,背後地の保全のため漁港海岸事業では口永良部漁港地区を,河川局海岸事業では楠川,春田浜地区をそれぞれ局部改良事業で整備した。

(2) 交通基盤の整備

ア 道路

本地域は,海岸沿いに島全体を一周する主要地方道上屋久屋久線と上屋久永田屋久線の2路線,及び屋久島の主要観光地であるヤクスギランドと安房地区を結ぶ一般県道屋久島公園安房線,安房から安房港までを結ぶ一般県道安房港線,白谷雲水峡と宮之浦地区を結ぶ一般県道白谷雲水峡宮之浦線の3路線により道路網を形成している
。  県道については,これまでの整備の結果,改良率は84.8%となっており県全体の県道の改良率75.3%を上回っているが,屋久島の主要観光地であるヤクスギランドへ通じる屋久島公園安房線や白谷雲水峡へ通じる白谷雲水峡宮之浦線は,観光客の増加に伴う大型交通量の増加に加え,急カーブや幅員狭小区間が大半であるため整備を進めているところである。
また,主要地方道上屋久永田屋久線は島内西部の永田から瀬切間(9.5km,旧西部林道)が未改良として残っているが,当区間は平成5年に世界自然遺産に登録された地域であり,その整備に当たっては,平成9年度に設置した屋久島一周道路整備検討委員会から提言をいただいた。検討委員会の提言を踏まえ,今後は維持管理を基本とし,必要最小限の範囲での防災対策を図ることとしており,世界自然遺産登録地にふさわしい道路整備に努めることとしている。
町道については,主な整備路線として,その他町道宮之浦循環線,1級町道松峯主要幹線,その他町道淀川線等がある。集落間や県道への連絡等生活に密接した道路としての整備を進め,隘路区間の解消及び舗装工事を進めている。

道路現況(平成13年度末)(単位:m,%)
      
区   分 
     
実延長A
規格改良

済延長B
うち  

5.5m以上C
    
改良率B/A 
5.5m以上

改良率C/A

舗装延長D
 舗装率

D/A
主要地方道   96,531   86,872   81,552   90.0    84.5  96,492   99.9
一般県道   26,642   17,598   10,474   66.1    39.3   26,365   99.0
県道計    123,173   104,470   92,026   84.8    74.7  122,857   99.7
市町村道   239,516   201,087   13,798   84.0    5.8  211,527   88.3
道路計    362,689   305,557   105,824   84.2    29.2  334,384   92.2
出典:平成14年度道路現況調書(平成14年4月1日現在)

イ 街路
屋久島における中心市街地の上屋久町宮之浦及び屋久島安房への人口,産業が集中に伴う交通量の増大に対処するため,街路の整備推進に努めた結果,上屋久町の琴城通線と屋久町の海岸通線が完成した。
平成13年度末で,整備率が96.1%まで伸び,現在屋久町本通線の整備を進めている。

ウ 港湾

本地域の港湾は,屋久島に県管理港湾の宮之浦港,安房港,栗生港,上屋久元浦港の4港と,町管理港湾の楠川港,中間港等8港,また,口永良部島に町管理港湾の湯向港と岩屋泊港の2港がある。
宮之浦港は,屋久島の玄関港として昭和32年度から改修事業を実施し,大型化する定期船,貨物船の接岸する岸壁等が完成したが世界自然遺産登録後,特に増加した観光客や取扱貨物量に対処するため,ふ頭用地の拡幅等の整備を進めている。

安房港は,古くから屋久島の中心港で昭和28年度から改修事業に着工し,岸壁,物揚場等が整備されたが,さらに,引き続き港内の静穏度を高めるための防波堤の整備を進めている。また,平成6年に浮桟橋が完成し,平成7年から高速船が就航している。
町管理港湾の上屋久永田港は,改修及び局部改良事業(平成12年度より統合補助事業)により整備し,平成13年度に完了,湯泊港,中間港は改修事業にて整備し,共に平成14年度に完了。楠川港,椨川港,尾之間港は局部改良事業(平成12年度より統合補助事業)にて整備し,楠川港は平成11年度,椨川港は平成10年度に完了し,尾之間港は平成15年度完了予定である。
また,湯向港については,昭和55から60年度までは局部改良事業,昭和61年度からは改修事業により活火山避難対策としての整備を進め,平成14年度に完了した。

港湾整備状況(地域別)  (単位:m)

島 名

港湾名

種別
管理者
平 成 4 年 度 末 平 成 14 年 度 末
岸 壁 物 揚 場 防波堤 接岸能力及び
バース数
岸 壁 物 揚 場 防波堤 接岸能力及び
バース数
水深 延長 水深 延長 水深 延長 水深 延長


屋久島


宮之浦

地方
-7.5
-5.5
180
260
-3.5
-2.5
-2.0
80
50
301
  
999
5,000D/W 1B
2,000D/W 3B
-7.5
-5.5
310
260
 -
-2.5
-2.0
 -
50
301

1,143
5,000D/W 2B
2,000D/W 3B

安房
地方
-7.5
-5.5
181
170
-4.0
-2.0
389
327
  
1,138
5,000D/W 1B
2,000D/W 2B
-7.5
-5.5
181
170
-4.0
-2.0
389
327
 
1,536
5,000D/W 1B
2,000D/W 2B
(注)物揚場-2.0の数値は,-2.0m以深

エ 空港

屋久島空港は昭和38年7月に滑走路1,100mで供用開始し,昭和51年12月に滑走路1,500mの整備がなされ,現在YS-11型機が屋久島から鹿児島に1日5往復している。
なお,航空機の安全運航を確保するため,平成6年度に場周柵の整備を行うとともに,保安道路の新設を行った。さらに平成7年度には,照明施設(滑走路末端識別灯)の更新,平成10年度から老朽化対策の舗装改良に着手し,平成13年度からはYS-11型機の後継機であるDASH-8-400型機の就航に対応するための滑走路舗装強化等の整備を行った。

(3) 産業基盤の整備

ア 農業農村整備

本地域は,花崗岩からなる山地が大部分を占めており,農耕適地は極めて少ないが,本地域の特性である温暖な気候を生かした,ポンカン,タンカン,ビワ等の果樹を基幹作物としており,農家経営は果樹,茶,野菜,畜産を組み合わせた複合経営である。
農業基盤の整備では,農道整備の整備率は高いが,畑地かんがいやほ場整備の整備率は低い。そのため,畑地帯総合整備事業等を実施して畑地かんがい等の整備を行っているが,平成9年度から実施しているかんがい排水事業の推進により基幹的水利施設を整備し,更なる畑地かんがい効果の向上を図ることとしている。
なお,農地開発・開拓地整備・農地保全事業等を実施したほか,平成8年度から屋久町原地区において農業集落排水事業を実施して生活環境基盤の整備を図った。
また,上屋久町永田地区で実施した中山間地域総合整備事業で生産基盤及び環境施設等の整備を図った。

農業基盤の整備状況  (単位:ha,km,%)

区   分
ほ 場 整 備 農 道 整 備 畑地かんがい かんがい排水
要整備
面 積
整備済
面 積
整備率 要整備
面 積
整備済
面 積
整備率 要整備
面 積
整備済
面 積
整備率
要整備
面 積
整備済
面 積
整備率
平成4年度末 1,487 142 9.5 304 204 67.1 1,276  41 3.2 211 178 84.4
平成14年度末  500 193 38.6 300 240 80.0  800 355 44.4 181 181 100


イ 草地開発

本地域は,気候が温暖で牧草の育成に適し,肉用牛の生産を主体とする畜産が定着していることから,団体営草地開発事業を平成6から9年度に上屋久町新村地区(口永良部島)で,平成11から15年度に屋久町旭地区で取り入れ,草地造成,野草地改良,隔障物,家畜保護施設,雑用水施設及び草地管理道路等の整備を実施し,肉用牛の生産振興を図った。

ウ 造林

本地域の森林面積は49,143haで,約2割が民有林,約8割が国有林である。
民有林については,スギ・ヒノキを主体とした人工林が約33%,広葉樹を主体とした天然林が約49%を占める。また,80%が,水土保全林に位置づけされる。
これまで造成された人工林については,下刈・除間伐等保育を中心に施業が実施され,また,広葉樹を主体とした天然林については,育成複層林整備(複層林改良等)を実施し,地域内森林の水源かん養,土砂流出防止等の機能の向上が図られた。

エ 林道

林道は,多面的機能を有する森林の適切な整備及び保全を図り,生活環境の基盤整備を図るため,林道網の整備を促進した。森林基幹道屋久島南部線ををはじめ4路線,8,264mを開設した。
また,既設林道の機能向上を図るため改良舗装事業も積極的に実施した。
当地域における林道の整備状況は,平成14年度末で77,271m,林道密度7.4m/haとなった。

オ 漁港

屋久島周辺海域は,トビウオ,サバ,カツオ等の好漁場であり,近年漁船の大型化,近代化が進みつつある。
漁港については,4種漁港として一湊漁港及び口永良部漁港があり,このほか栗生漁港等の町管理の1種漁港が6港ある。
一湊漁港は,屋久島の北部に位置し,沿岸漁業の基地及び避難港として改修事業により,防波堤,物揚場,泊地等の整備を行い,不足する係留施設の整備を促進するとともに,防波堤の整備を行い,港内の静穏度向上を図った。
口永良部漁港は,屋久島の北西に浮かぶ口永良部島の南部に位置し,沿岸漁業の基地,避難港及び定期船寄港港として,修築事業により防波堤などの整備を行い,港内の静穏度向上を図ってきた。
志戸子漁港は,沿岸漁業の地元拠点港としての機能を発揮できるよう,改修事業により防波堤,物揚場,船揚場の整備を行い,港内静穏度を高め,係留の安全確保を図ってきた。
麦生漁港は,屋久島の南東部に位置し,地元,外来船の準備,休憩の基地として,改修事業により漁港の拡張工事を行った。
原漁港は,改修事業により防波堤を整備し,漁船の出入港,係留の安全が促進された。
栗生漁港は,局部改良事業により防波堤の改良を行い,資源豊かな南方海域を漁場とした沿岸漁業の拠点港としての機能充実を図ってきた。
また,局部改良事業により,吉田漁港,小瀬田漁港の防波堤の整備を行った。
このほか,平成4年度から平成7年度にかけては栗生漁港において,漁港環境整備事業で防風緑地を,平成4年度から平成9年度にかけては麦生漁港において,漁港関連道整備事業でアクセス道路の整備が完了した。

主要漁港の整備状況  (単位 m,平方m)

漁 港 名

管  理
平 成 4 年 度 末 平 成 14 年 度 末
けい留施設 泊 地 防波堤 けい留施設 泊 地 防波堤
水深 延長 水深 延長

志 戸 子

上屋久町
-1.5
-2.0
-2.5
  78
50
120
15,541  603.1   -1.5
-2.0
-2.5
104.8
50
120
17,901  366.8
小 瀬 田 -1.5  47  2,635  182.6 -1.5  47  2,635  226.1
吉  田 -1.5  18  1,977  208.2 -1.5  18  1,977  220.0
口永良部 -0.5
-2.0
 45.7
30
 1,350  355.7 -0.5
-2.0
 48.3
30
 3,001  656.2
一  湊 -2.0  445 17,860   350 -2.0
-4.0
 505
90
19,110  455
麦  生 屋久町  -  -  1,480  443.6 -2.0  125  8,290  618.6
-2.0
-3.0
 115
40
 6,920   428 -2.0
-3.0
 115
40
 6,920  512.5
栗  生 -2.0  475 28,640   570 -2.0  475 29,546  570
カ 漁港

本地域は黒潮の影響とその海底形状から季節的な来遊魚や瀬物類の他,トビウオやサバ等を対象とした漁船漁業が古くから営まれている。しかし,近年は瀬物類やサバ資源等も減少傾向にあり,漁業生産力は著しく低下している。
このため,人工礁漁場を造成し,点在する天然礁に連携を持たせ,これらの相乗効果により,生産性の高い新たな漁場を形成し,もって漁業生産力の増大と漁家経営の安定を図った。

全体計画 10年度 11年度 12年度 13年度 14年度 進捗率(%)
26,000 空m3 4,885 10,672 6,604 5,062 1,845 29,068 111.8

(4) 生活環境施設の整備

ア 電気導入

屋久島では,上屋久町で上屋久町電気施設協同組合及び九州電力(株),屋久町で屋久島農業協同組合及び安房電気利用組合によりそれぞれの区域に電気供給が行われており,九州電力(株)が一部を自社発電によって賄っているほかは,屋久島電工(株)の水力発電等による電力を買い受けて供給している。
離島振興事業により,屋久島農業協同組合の配電施設については,県道沿いへの移設とともに高圧電線の新設・改良や,老朽化した電柱の建替え等の改修並びに停電時間短縮を目的とした配電線遠隔制御装置等の設置が進み,安定した電気供給が行われるようになった。

イ 簡易水道

本地域では,地形的条件から水に恵まれており,水需要の増加に伴う水量拡張,簡易水道施設の統合,配水管の布設替え等の簡易水道施設整備事業を計画的に進めた。
このため平成14年度末の普及率は上屋久町99.2%,屋久町99.1%に達し,県平均を大きく上回っている。

ウ 廃棄物処理

し尿処理については,平成9から10年度に屋久島衛生処理組合(上屋久町,屋久町)が,処理能力26KL/日のし尿処理施設を整備するとともに,上屋久町,屋久町では合併処理浄化槽の整備促進を図っている。

エ 都市下水路

市街地部に降った雨等を速やかに排除し、浸水を防除するため、屋久町において平成6年度より春牧都市下水路の整備を行い、平成8年度に事業延長L=1110.0m,集水面積25.0haの内水対策を完了した。

オ 公園

これまで,若宮公園,安房墓園の整備につとめ,平成9年度から屋久町の屋久町健康の森公園の整備促進に努めている。
なお,屋久島地域全体の1人当たりの公園面積は,平成4年度末の2.0m2/人から平成14年度末の8.7m2/人となっている。

(5) 離島振興事業による投資実績(一括計上事業)(平成5から14年度)

(単位:千円)
区       分 事 業 費 国  費 県  費 市町村費 そ の 他
河       川
砂       防
治       山
建  設  海  岸
漁  港  海  岸
道       路
街       路
港       湾
空       港
漁       港
水産基盤整備
農業農村整備
(草地開発を除く。)
(農地・草地開発を除く)
農  地  開  発
草  地  開  発
造       林
林       道
公       園
都 市 下 水 路
廃 棄 物 処 理
電  気  導  入
簡  易  水  道
   620,000
3,591,342
1,327,837
718,000
430,128
13,485,509
3,842,046
25,401,667
1,179,959
8,280,439
1,414,321
15,021,488
14,182,361
14,030,909
151,452
839,127
1,808,601
3,177,485
531,940
150,000
1,780,026
460,230
4,769,978
   248,000
1,811,921
681,118
359,000
236,570
7,128,722
2,113,126
19,343,470
980,593
6,303,678
979,064
7,802,289
7,357,746
7,274,448
83,298
444,543
546,239
1,553,110
265,970
60,000
856,368
131,814
2,384,989
   372,000
1,779,421
646,719
312,650
157,700
5,509,893
1,384,735
3,968,322
199,366
859,650
216,449
4,801,776
4,586,310
4,527,243
59,067
215,466
256,776
1,362,661


106,817
131,814



46,350
35,858
846,894
344,185
2,089,875

1,117,111
218,808
1,714,289
1,535,171
1,526,084
9,087
179,118
75,830
261,714
265,970
90,000
816,841
122,800
2,384,989











703,134
703,134
703,134


929,756




73,802
合        計  87,990,996  53,786,041  22,066,749  10,431,514  1,706,692

(6) 特定離島ふるさとおこし推進事業

本地域における特定離島ふるさとおこし推進事業の対象地域は,口之永良部島だけである。事業の実施状況は,公共用観光施設の整備や林道開設等の産業の振興事業を17件,ごみ焼却炉設置やヘリポートの照明施設の整備等の生活基盤の整備を17件,アイランドテラピー構想の策定や離島留学対策のみんなの参加・島づくり対策の2件を実施している。  投資実績は,次のとおりである。

特定離島ふるさとおこし推進事業による投資実績(平成5から14年度)(単位:千円)
区    分 事 業 費 県  費 市町村費 そ の 他
産業の振興     362,697    280,944   81,753  
生活基盤の整備     209,241    167,247   41,994  
みんなの参加島づくり対策      8,342     4,309    4,033  
合    計     580,280    452,500   127,780  

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

企画部離島振興課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?