ホーム > 危機管理・防災 > 危機管理 > 県の危機管理の取組 > 奄美大島等の油状漂着物に関する情報

更新日:2018年4月20日

ここから本文です。

奄美大島等の油状漂着物に関する情報

平成30年1月28日以降,奄美大島等の海岸等において,油状の漂着物が確認されています。
大島支庁においては,回収作業における手順等をまとめた回収作業マニュアルを作成し,2月8日から回収作業を実施しています。
その他の地域においても,順次回収作業を実施しています。

県としては,環境省や海上保安庁を始めとする関係省庁や市町村と連携し,全力で取り組むこととしております。

※回収作業マニュアルについては,こちらのページをご覧ください

○油状漂着物が確認された地域
鹿児島地域振興局管内:口之島,中之島,諏訪之瀬島,平島,悪石島,小宝島,宝島
熊毛支庁管内:種子島,屋久島,口永良部島
大島支庁管内:奄美大島,喜界島,加計呂麻島,請島,与路島,徳之島,沖永良部島,与論島

0327hyoutyaku

出典:国土地理院ウェブサイト

※大島支庁管内の漂着状況について,詳しくはこちらのページをご覧ください

○回収状況(平成30年3月31日時点)
合計)約95トン

(内訳)
奄美大島,加計呂麻島,請島,与路島64トン
喜界島0.9トン
徳之島約6.7トン
沖永良部島0.8トン
与論島0.2トン
十島村22トン
屋久島0.3トン
端数処理の関係で合計と内訳は一致しない。

○調査状況
こちらのページをご覧ください。(外部サイトへリンク)
○主な調査結果
2月16日【環境省】奄美群島国立公園海域地区における油状の物の漂着の影響把握に関する緊急調査の結果(速報)(外部サイトへリンク)
2月21日【海上保安庁】SANCHI号から流出した油による海洋環境調査の結果〔周辺海域〕(外部サイトへリンク)
3月1日【環境省】奄美大島における油状物質の漂着に係る水質モニタリング結果について(外部サイトへリンク)
3月8【環境省】奄美大島等における油状の物の漂着による海洋生態系への影響把握調査の結果(第1報)(外部サイトへリンク)
3月8日【環境省】奄美大島における油状物質の漂着に係る大気モニタリング結果について(外部サイトへリンク)
3月13日【環境省】SANCHI号からの流出油に関する水質モニタリング結果について〔周辺海域〕(外部サイトへリンク)
3月13日【海上保安庁】SANCHI号から流出した油による油分測定の結果〔周辺海域〕(外部サイトへリンク)
3月20日【環境省】奄美大島等における油状の物の漂着による海洋生態系への影響把握調査の結果(第2報)〔宝島〕(外部サイトへリンク)
3月29日【環境省】奄美大島及び宝島における油状物質の漂着に係る水質モニタリング結果について(外部サイトへリンク)
4月10日【水産庁】東シナ海におけるタンカー沈没事故による水産資源への影響調査の結果について(外部サイトへリンク)

漁業者の皆様へ

漂流,漂着している油を見かけましたら,最寄りの漁業協同組合か市町村にお知らせください。
御協力をよろしくお願いします。

※お知らせいただきたい事項
日時,場所,油の状態,油の見られる範囲など

関連リンク

海上保安庁

環境省

 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

環境林務部環境林務課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?