ホーム > くらし・環境 > 環境保全 > 地球温暖化対策 > 県庁舎環境配慮の推進 > 鹿児島県環境マネジメントシステム平成29年度実績と評価

更新日:2018年10月4日

ここから本文です。

鹿児島県環境マネジメントシステム平成29年度実績と評価

1.環境目的・目標の達成状況

県では,「県環境マネジメントシステム」に基づき,オフィス活動や公共事業を含む事務事業全般について,毎年度具体的な目標を設定し,環境負荷の継続的な低減や環境汚染の未然防止に努めています。
平成29年度の運用実績については,以下の表1に示しているとおり,10項目の目標のうち,9項目について目標を達成し,全体的にはおおむね順調に改善が図られました。
 
表1環境目的・目標の達成状況

分類

目標数
達成状況
目標達成
目標未達成
全体
10
9
1
1.オフィス活動
6
5
1
2.イベント
1
1
-
3.公共事業
1
1
-
4.庁舎等施設管理
1
1
-
5.環境に有益な事務事業

1

1

-

2.オフィス活動における環境負荷低減の取組

「県庁環境保全率先実行計画」,「県環境物品等調達方針」に基づき,省資源,省エネルギー,グリーン購入,廃棄物の減量化など6項目の環境目標を設定し,環境負荷の低減に取り組んでいます。

平成29年度の実績は表2のとおり,5項目について削減目標を達成しましたが,用紙類の使用量削減において目標を達成することができませんでした。

表2オフィス活動の成果

項目

目標

達成状況

判定

用紙類使用量

28年度比1%以上削減

28年度比5.9%増

×

公用車燃料使用量

28年度比1%以上削減

28年度比3.7%減

電気・ガス使用量

(原油換算量合計)

22年度比10%以上削減

22年度比18.9%減

上水使用量

21年度比10%以上削減

21年度比13.2%減

グリーン購入

県環境物品等調達方針に基づく物品等の調達

(機能・性能上その他特別な理由がない限り)

調達方針に基づく調達がなされた。

廃棄物総量

28年度比1%以上削減

28年度比3.8%減

 

3.イベント等の開催に伴う環境負荷低減の取組

県の行うイベントについては,「エコイベントマニュアル」に基づき,環境配慮型イベントの開催を推進しました。

4.公共事業に係る環境配慮活動

公共事業については,建設工事に係る資材の再資源化に関する法律(建設リサイクル法)による指針,県における再生資源活用工事等実施要領等に基づき,取り組みました。
 

5.庁舎等設備管理における環境負荷低減の取組

「法的要求事項調査表」に基づき,庁舎等設備管理における環境負荷低減の取組を推進しました。

 

6.環境に有益な事務事業

環境に有益な事務事業については,鹿児島県環境基本計画に基づき取り組みました。

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

環境林務部環境林務課地球温暖化対策室

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?