ホーム > くらし・環境 > 環境保全 > 地球温暖化対策 > 気候変動の影響と適応

更新日:2019年2月13日

ここから本文です。

気候変動の影響と適応

地球温暖化の影響への適応

候変動の影響に対処するためには,温室効果ガスの排出の抑制等を行う「緩和」だけではなく,既に現れている影響や中長期的に避けられない影響に対して「適応」を進めることが求められています。

候変動適応を推進し,現在及び将来の国民の健康で文化的な生活の確保に寄与することを目的に,平成30年6月13日に気候変動適応法が成立し,平成30年12月1日から施行されました。

気候変動の影響の内容や規模及びそれに対する脆弱性は,影響を受ける側の気候条件,地理的条件,社会経済条件等の地域特性によって異なることから,県においては,平成30年3月に改定した「鹿児島県地球温暖化対策実行計画」に適応策に関する基本的な方向性と取組方針を示すとともに,この計画を気候変動適応法第12条に規定されている「地域気候変動適応計画」として位置付けています。

→「気候変動への適応」(環境省ホームページ)(外部サイトへリンク)

→「鹿児島県地球温暖化対策実行計画」

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

環境林務部環境林務課地球温暖化対策室

電話番号:099-286-2586

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?