ホーム > くらし・環境 > 廃棄物・リサイクル > リサイクルの推進 > その他のリサイクルについて

更新日:2007年12月5日

ここから本文です。

その他のリサイクルについて

1 二輪車

(1) 制度

  • (社)日本自動車工業会加盟の国内二輪車製造事業者と参加二輪車輸入事業者が,自主的取組みとして二輪車のリサイクルシステムを平成16年から開始しています。

(2) リンク

 

2 小型二次電池(充電式電池)

(1) 制度

  • 電池には,大きく一次電池(使い切りタイプ)と二次電池(充電して繰り返し使えるタイプ)に分けられ,二次電池のうち,自動車用バッテリーを除く小型二次電池は,資源有効利用促進法により,小型に次電池メーカーが回収,再資源化,電池使用機器メーカーが回収することを義務付けられています。

(2) リンク

 

3 携帯電話・PHS(以下,携帯電話等)

(1) 制度

  • 携帯電話等のリサイクルは,製造メーカー及び通信事業者によって「モバイル・リサイクル・ネットワーク」として進められており,販売店において本体,充電器,電池を自主的に無償回収し,金属資源等として再資源化されています。
 

(2) リンク

 

4 パソコン

(1) 制度

  使用済み事業系パソコンについて
  • 平成13年4月から,メーカー等に対して回収・資源化の義務が課せられています。
    使用済み家庭系パソコンについて  
  • 平成15年10月1日以降に販売され,家庭から排出される使用済みパソコンについて,メーカー等に対し原則として無料で回収し,再資源化することとされています。
 

(2) リンク 

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

環境林務部廃棄物・リサイクル対策課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?