ホーム > くらし・環境 > 廃棄物・リサイクル > 産業廃棄物の処理 > 平成30年度鹿児島県産業廃棄物処理施設計量器整備事業費補助金について

更新日:2018年4月2日

ここから本文です。

平成30年度鹿児島県産業廃棄物処理施設計量器整備事業費補助金について

1

では,産業廃棄物税を財源とした「鹿児島県産業廃棄物処理施設計量器整備事業」により,県内の産業廃棄物最終処分業者又は焼却施設を保有する産業廃棄物中間処理業者に対し,産業廃棄物運搬車両の重量を計測する設備(付随する電算処理システム機器を含む。)の新規導入及び更新に対する支援を行い,産業廃棄物の適正処理及び産業廃棄物税の課税の適正化を図ります。

2集期間

平成30年4月2日(月曜日)から補助金交付申請額の合計が予算額に達するまで
※設備の設置工事及び実績報告は,年度内に終了する必要がありますので,御留意ください。

3出書類

  • 補助金等交付申請書
  • 事業計画書
  • 収支予算書
  • 設置予定の計量器の概要を示す資料
  • 見積書の写し

4式ダウンロード

(1)ワード形式

(2)オープンオフィス形式

(3)PDF形式

5募の方法

郵送又は持参(閉庁日以外の午前8時30分~午後5時15分)

6出先・問い合わせ先

〒890-8577
鹿児島市鴨池新町10番1号
鹿児島県廃棄物・リサイクル対策課リサイクル推進係
TEL099-286-2594
E-mail:recycle@pref.kagoshima.lg.jp

7業の概要

業廃棄物の適正処理及び産業廃棄物税の課税の適正化を図るための事業です。具体的には,以下の要件に適合しているかを総合的に審査し対象事業者を決定します。

(1)補助対象者

県内の産業廃棄物最終処分業者

県内の焼却施設を保有する産業廃棄物中間処理業者

(2)補助率

補助対象経費の2分の1以内

ただし,一つの補助事業に係る補助金の額は,200万円以内で,かつ,県の予算の範囲内となります。

(3)補助対象経費

産業廃棄物運搬車両の重量を計測する設備(付随する電算処理システム機器を含む。)(以下「計量器」という。)の新規導入及び更新に要する費用

経費区分

内容

設備費

計量器設備購入にかかる経費

工事費

計量器据え付けに必要な経費(工事費,運搬費等)

8務手続の流れ

申請書の提出後は以下のとおりの事務の流れとなります。

計量器補助手続流れ

9


以下の様式は補助事業完了後に提出する書類になります。

(1)ワード形式

(2)オープンオフィス形式

(3)PDF形式

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

Use OpenOffice.org

ODT形式のファイルをご覧いただく場合には、OpenOfficerが必要です。OpenOfficeをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

環境林務部廃棄物・リサイクル対策課

電話番号:099-286-2594

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?