ホーム > くらし・環境 > 自然保護 > 野生生物保護 > 県内外来種 > マングースを発見したら

更新日:2016年5月12日

ここから本文です。

マングースを発見したら

2009年(平成21年)に鹿児島市喜入地区において,本土で初めてマングースが発見・捕獲されました。

(侵入年1979年以前とされるが正否は不明。沖縄県(1910年)や鹿児島県奄美大島(1979年)では早い時期から確認されている)
また,2012年(平成24年)2月,薩摩川内市高江町においても,本土2例目となるマングースの発見・捕獲があったほか,2016年(平成28年)5月には南さつま市笠沙で,マングースの死亡個体が回収されました。
いずれの例も,詳しい県内への侵入経緯は不明ですが,県内各地への拡大分布の可能性を否定できない状況にあります。

マングースと思われる動物を発見したときは,最寄りの市町村役場の外来生物担当係へ,日時・場所・発見者氏名・連絡先・その動物が何をしていたかを詳細に通報してください。

特に,携帯電話等で撮影した「写真画像」や「動画」などを添えていただきますと,動物の判定やマングースの同定を行うのに非常に有効です。

 
鹿児島市喜入地域で確認されたマングース(画像提供:中島俊郎さん)
鹿児島市喜入地域で確認されたマングース(画像提供:中島俊郎さん)

マングースの特徴

灰色
全長に対して,尾が占める割合が大きい。
体長30~40cm
  • 「テン」より小さく,「イタチ」より大きい。(個体差有り)
  • 昼行性なので,夜に行動することはありません。
  • 木登りなど行いません。よって,屋根や屋根裏に潜んだりすることもありません。
  • 穴を掘ったり,掘った穴を「巣」にすることはありません。

間違われやすい動物に注意!

マングースについては,類似している動物が多く,以下の動物に誤認されるケースが多いようです。

通報を行う前に,まず,類似している動物の特徴についても把握することが大切です。

【間違われやすい動物】

  1. イタチ
  2. テン
  3. アナグマ(特に幼生のアナグマは間違われやすい)

下記のチラシは,ダウンロードできます

マングース周知用(チラシ)(PDF:376KB)

 

manngu-sutirasi1

manngu-su22

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

環境林務部自然保護課

電話番号:099-286-2616

環境林務部自然保護課
野生生物係
TEL(099)286-2616
FAX(099)286-5546
E-mail:yasei@pref.kagoshima.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?