ホーム > 野鳥における鳥インフルエンザ情報(野鳥監視重点区域解除)

更新日:2017年1月30日

ここから本文です。

野鳥における鳥インフルエンザ情報(野鳥監視重点区域解除)

出水市における野鳥監視重点区域は,ツルのねぐらの水から高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された平成28年11月18日に環境省が指定し,野鳥の監視を強化してきたところです。

区域内では,12月14日に回収した最後の感染個体以降,野鳥からの高病原性鳥インフルエンザの感染は確認されていません。

このため,最後の感染個体の回収日から45日後の1月28日24時をもって指定が解除されました。

なお,解除に伴い,環境省や出水市と連携して行っている重点パトロールは終了しますが,県ツル保護会(事務局:出水市ツル博物館クレインパークいずみ)による従前の巡回監視は継続されます。

このページに関するお問い合わせ

環境林務部自然保護課

電話番号:099-286-2616

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?