ホーム > 産業・労働 > 林業・水産業 > 林業 > 森林計画 > 第4 4 森林病害虫の駆除及び予防その他の森林の保護に関する事項

更新日:2017年4月11日

ここから本文です。

第4 4 森林病害虫の駆除及び予防その他の森林の保護に関する事項

病虫害,鳥獣害,気象害並びに山火事等の森林被害については,適切な間伐等の実施,保護樹帯の設置,広葉樹林の育成等に努めるとともに,日常の管理を通じて森林の実態を的確に把握し,次の事項に配慮して適時適切に行うこととしています

(1)林病害虫等の被害対策の方針

森林病害虫等による被害の未然防止,早期発見及び早期駆除に努めます。特に,松くい虫による被害については,被害抑制のための防除対策を推進するとともに,被害の状況等に応じ,被害跡地の復旧及び抵抗性を有するマツ又は他の樹種への転換を図ります。

(2)獣被害対策の方針(3に掲げる事項を除く)

3において定めるシカ等以外の野生鳥獣による森林被害又は鳥獣害防止森林区域外におけるシカ等による森林被害を受けた場合には,地域の実情に応じて,被害状況を把握し,その結果を踏まえた捕獲等による鳥獣害防止対策を推進します。

の際,関係行政機関等と連携した対策を推進することとし,鳥獣保護管理施策や農業被害対策等との連携・調整を図ることとします。

せて,鳥獣捕獲従事者の確保・育成に努めます。

(3)野火災の予防の方針

火事等の森林被害を未然に防止するため,林野火災予防の普及啓発及び森林の巡視を行なうとともに,保護標識,防火線及び防火樹林帯等の整備を促進します。

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

環境林務部森林経営課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?