閉じる

  •  
 
 

閉じる

 
 

ホーム > 産業・労働 > 林業・水産業 > 林業 > 研究・普及 > 森林技術総合センターの試験研究の取組

更新日:2022年7月6日

ここから本文です。

森林技術総合センターの試験研究の取組

令和4年度の取組

林資源が充実する中,林業・木材産業を取り巻く情勢は大きく変化してきており,試験研究に対する要請も多様化・高度化しています。
のため,森林・林業に対する新たな課題や森林所有者等のニーズに対応した新たな技術の開発に取り組みます。

(1)森林の有する多面的機能の発揮(森林環境部)

切な更新のための再造林技術や多様で健全な森林への誘導技術,県土保全のための技術,亜熱帯林における森林の経営管理に関する技術の開発に取り組みます。

  • 次世代スギコンテナ苗の成長特性の解明
  • 現地条件に応じた下刈り作業の省力化
  • 森林病害虫等の防除どの試験研究を行っています。

(2)林業の持続的かつ健全な発展(資源活用部)

ましい林業構造確立のための技術や特用林産物の収益性向上のための技術の開発に取り組みます。

  • スギ樹皮の林業資材への利用技術の開発
  • サカキの平地栽培
  • 効率的な竹材生産技術の確立どの試験研究を行っています。

しくは,森林技術総合センターホームページ(試験研究)をご確認ください。

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

環境林務部森林技術総合センター

電話番号:0995-52-1834

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?