ホーム > イベントカレンダー > 講演会「世界自然遺産の保全と活用~ガラパゴスと奄美~」

更新日:2018年3月5日

ここから本文です。

講演会「世界自然遺産の保全と活用~ガラパゴスと奄美~」

県では,本年夏の奄美の世界自然遺産登録に向けて,遺産登録のもたらす影響と登録後の奄美で何が必要なのかについて共に考えるため,標記講演会を開催します。
講演会では,初めて世界自然遺産に登録されたガラパゴスから世界自然遺産の保護管理に力を注いできたダーウィン研究所のアルトゥロ・イスリエータ所長をお招きし,経験から得られた教訓等についてお話しいただきます。
この機会に遺産登録を契機とした将来の奄美の地域づくりについて考えてみませんか。

プログラム
第1部 講演:世界自然遺産先進地ガラパゴス諸島に学ぶ
演題「世界自然遺産登録以降のガラパゴスの歩み」
講師 アルトゥロ・イスリエータ氏
(チャールズ・ダーウィン研究所所長)
※逐語通訳

第2部 パネルディスカッション:奄美群島の持続的観光の推進のために
コーディネーター
・星野 一昭氏(鹿児島大学特任教授)
パネリスト
・アルトゥロ・イスリエータ氏
・服部 正策氏(東京大学医科学研究所特任研究員)
・勝 眞一郎氏(サイバー大学教授,奄美市産業創出プロデューサー)
・羽井佐幸宏 県自然保護課長

開催日時

  • 2018年3月11日(日曜日)13時30分から2018年3月11日(日曜日)16時00分

場所

名称 奄美観光ホテル3階 孔雀の間
住所 奄美市名瀬港町2-10

費用

無料

申込方法

事前申込不要(なお,当日先着100名様に「世界自然遺産 奄美トレイル」エコバッグ等を進呈します。)

主催者

鹿児島県

このページに関するお問い合わせ

環境林務部自然保護課奄美世界自然遺産登録推進室

電話番号:099-286-2617

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?